RC Vision

デンソーロボットとカメラを活用した設備の立上げを支援するロボットビジョンアプリケーションソフトウェアのパッケージです。

  • EVP2
  • EVP
  • EIS
  • RC Vision 展開イメージ

EVP2 | Easy Vision Picking2

EVP2は、EVPの簡単な操作性はそのままに、大幅に機能を強化した画像処理アプリケーションです。

EVP2は、「ピック&プレース」に特化したプログラムレスの画像処理アプリケーションです。

既存アプリケーションEVPの簡単な操作性はそのままに、機能の拡充・数倍の処理能力向上を実現しました。

 

EVP2は、EVP2ガイダンスとEVP2ランタイムで構成されています。

画像処理の設定は、パソコン上のアプリケーション(EVP2ガイダンス)で行います。

実行時(EVP2ランタイム)は、ロボットコントローラと接続したカメラのみで稼働させることができます。
 

EVPキャリブレーションウィザード

●カメラのキャリブレーションはチェスボードを読み込ませるだけで完了。
●ロボットとカメラのキャリブレーションはウィザードに従って進むだけで完了。

EVP2ガイダンス

●EVPに比べ大幅に機能拡充・追加、処理能力の向上を実現。
●画像処理フローを、プログラムレスの簡単な操作で設定可能。

豊富なサーチ機能
・形状サーチ
・濃淡サーチ
・ブロブサーチ
・カラーサーチ
・多段階サーチ

便利な機能
・モデルマスク
・サーチ領域の編集
・検出方法切り替え

EVP2ランタイム

●ロボットコントローラ内蔵視覚で画像処理を実行するため低価格を実現。

シンプルな構成
・パソコン不要
・視覚コントローラ不要
・画像処理結果をロボットに送る通信
 プログラム不要
・選択できるカメラの種類が豊富

●画像処理ライブラリを大幅に刷新し、認識速度を格段に向上(参考値 既存EVPと比較)

・濃淡サーチ 約6倍
・形状検出 約74倍
・ブロブ検出 約5倍

豊富な機能

形状サーチ機能

対象物の形状モデルを登録し、同じ形状の対象物の位置角度を検出できる機能。

濃淡サーチ機能

対象物の輝度分布をモデルとして登録し、同じ輝度分布の対象物の位置角度を正規化相関探索で検出できる機能。

ブロブサーチ機能

二値化した画像から対象物の面積・周囲長などの特徴量で対象物を絞り込み、位置角度を検出できる機能。

カラーサーチ機能

画像の色情報と対象物の面積・周囲長などの特徴量から対象物を絞り込み、位置角度を検出できる機能。

検出方法切替機能

プロジェクトを新規作成せずに、検出方法切替ボタンで検出方法を変更することができる機能。

モデル(テンプレート)マスク機能

形状サーチ・濃淡サーチにてモデルを登録後、検出に含めたくない領域を塗りつぶすことができる機能。

サーチ領域編集機能

サーチ領域を自由に編集することができる機能。塗りつぶされた領域はサーチ領域から外すことができる。

多段階サーチ (補助サーチ)機能

サーチステップで検出したワークに対して、さらに新しい検出アルゴリズムを使って検出することで、検出正解率を向上させる機能。

パレタイジングソート機能

検出したワークを特定のルールでソートする機能。ソート方向・分割数をもとにワークのソート順番を決めることができる。

部品有無検出機能

検出したワークが特定領域の中にあるか判定するための機能です。チェック方向、縦方向分割数、横方向分割数で領域を決めることができる。

干渉チェック機能

検出したワークを把持する際に、エンドエフェクタが隣のワークに衝突するのを回避する機能。

フィーダ連携機能

部品分布検出ステップで、フィーダの位置をエリア分割して設定することで各エリアの部品分布状態の判断が可能となり、フィーダを適切に制御することができる。

EVP2 システム構成

動作環境

【OS】 Windows® 7 / 8 / 10  
【PC】 CPU マルチコアプロセッサ2GHz、メモリ 4GB、HDD 4GB以上  
【ロボットコントローラ】RC8 Ver.2.11.以降、ロボットコントローラのエンジンボード型式がEのもの 
            COBOTTA Ver.2.11以降

【推奨カメラ】 Basler製 GigEカメラ(aceシリーズ) iDS製 USBカメラ(uEye SEシリーズ) 
        Canon製 ネットワークカメラ(WebView Livescopeシリーズ)

        Canon製ネットワークカメラ(N10-W02)
 ※Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

EVP | Easy Vision Picking

EVPは、「ピック&プレース」に特化したプログラムレスの画像処理アプリケーションです。

画像処理の設定は、パソコン上のアプリケーション(EVP ガイダンス)を用いて行います。実行時(EVP ランタイム)は、RC8と接続したカメラのみで稼働させることができます。またEVPには、ロボットの位置補正とカメラとロボット間のキャリブレーションを実行可能とするキャリブレーションウィザードを準備しています。さらに、ロボットによるピッキング装置内に、視野内のパーツの配置状態を出力する機能も備えており、フィーダ等の機器によるパーツ移動の制御も可能です。

 

EVPキャリブレーションウィザード

●カメラのキャリブレーションはチェスボードを読み込ませるだけで完了。
●ロボットとカメラのキャリブレーションはウィザードに従って 進むだけで完了。

EVPガイダンス

●画像処理フローを、プログラム レスの簡単な操作で設定可能。
●複数のモデルが登録できるので、品種が混在していても認識可能。

EVPランタイム

●実行時、ティーチングペンダントに結果を表示できるので、パソコンは不要。
●画像処理結果をロボットのポジション型変数(P型)に出力するため、画像処理と通信のプログラムは不要。

動作環境

【OS】 Windows® 7 / 8 / 10  
【PC】 CPU マルチコアプロセッサ2GHz、 メモリ 2GB、 HDD 1GB以上
【カメラ】 Basler製 GigEカメラ(aceシリーズ)、 iDS製 USBカメラ(uEye SEシリーズ)、
      Canon製 ネットワークカメラ(WebView Livescopeシリーズ)
 ※Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
 

EIS | Easy Image Store

RC8に接続されたカメラの画像をPCに保存できるソフトウェアです。

RC8の内蔵視覚(EVP)で撮影された画像はRC8内に一時的に保存され、電源を切ることでリセットされますが、EISを使用すると、PC内に画像ファイルとして自動保存することができます。

 
  • ロボットコントローラとPCを簡単接続

    ウィザード形式でロボットコントローラとPC間の接続や画像保存先を簡単に設定することができます。

  • トリガ設定

    ロボットコントローラの内部I/O番号と、監視周期をトリガとして設定することで、任意のタイミングで画像保存が可能です。

展開イメージ

  • EVP2
  • EVP
  • EIS
  • RC Vision 展開イメージ

関連製品

関連活用シーン

  • ピック&プレースに特化した画像処理アプリケーション 「EVP2」

お問合せ

DENSO ROBOT MEMBER

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録