2022年6月7日(火)~ 10日(金)に開催された食品業界アジア最大級の展示会「FOOMA JAPAN 2022」へ出展しました。
ブースでは、新製品の人協働ロボット「COBOTTA PRO」をはじめ、食品業界で活用できるAIアプリケーションや、COBOTTAを活用した調理工程の自動化デモ機などを展示しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

出展概要

■ 名称:FOOMA JAPAN 2022 国際食品工業展

■ 開催日時:2022年6月7日(火)〜10日(金)10:00~17:00

■ 会場:東京ビッグサイト 東7ホール(小間番号:7G-20)

出展内容

人協働ロボットCOBOTTA PROを使った冷凍フライ投入システム

人協働ロボット「COBOTTA PRO」で、冷凍フライのピッキングからフライヤー投入までの工程を自動化します。協働時・非協働時の速度設定と切り替えができるため、作業場が狭い食品工場内での生産性向上に寄与し、現場の人手不足解決に貢献します。

3Dビジョンと感圧センサ付きグリッパを活用した不定形物・軟体物のピッキング

ロボットでは実現が困難だった不定形物・軟体物であるマッシュルームの収穫を、高精度3Dビジョンと感圧センサ付きグリッパで実現しました。栽培床で育ったマッシュルームを、収穫規格に適した適合品と不適合品に3Dビジョンで判別し収穫します。

AI模倣学習による液体原料の秤量

AI模倣学習を活用し、自動化が困難だった液体の秤量作業を実現しました。教示動作時に取得した、液体を注ぐときの秤の数値の変化、ロボットの位置や電流値の情報からAIモデルを作成します。データ取得や学習の操作は、AI模倣学習専用GUIで簡単に実行できます。

お客様の生産性向上を実現する
IoT Solutions

ブース内のデンソーロボットや設備機器から収集したデータを活用し、生産進捗・顧客分析・品質管理などでお客様の生産性向上を実現するIoTソリューションをご提案します。

2台のCOBOTTAを使った複数工程のクレープ調理

2台のCOBOTTAで、クレープ調理の一連の動作を自動化します。油を引く、生地を薄く焼く、焼き機からの生地移動、ホイップ・ソースなどのトッピング、生地折り畳みなどの各工程を、カメラ・センサを使わないシンプルなシステム構成で実現します。

【オプション品】食品用ロボットジャケット※コンセプト出展

人協働ロボットCOBOTTA PRO専用の食品用ジャケットです。毎日の丸洗いに対応、先端部分から末端部分までの止水ファスナーによって簡単着脱が可能です。


 

これまでのFOOMA JAPAN出展の様子

FOOMA JAPAN 2019
ブースレポート

FOOMA JAPAN 2019
人工知能搭載 袋麺の高速ピッキング

FOOMA JAPAN 2019
重量検知で麺類の定量仕分け

FOOMA JAPAN 2018
ブースレポート

FOOMA JAPAN 2018
人工知能搭載弁当盛り付け

FOOMA JAPAN 2018
餃子の餡詰め工程

お問合せ

DENSO ROBOT MEMBER

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録