生産性と安全性を追究した高速人協働ロボット COBOTTA PRO

 

人とロボットが協働することではなく、
人とロボットが協働して生産性を高め続けることをCOBOTTA PROは追求しました。
単純作業のみならず、組立作業や検査作業などの実工程で、生産性と安全性の両立を実現します。

協働しながら
生産性を高め続ける機能安全

COBOTTA PROは作業者が近くにいないときは動作速度を最大化し、作業者が接近した際に減速・停止に必要な距離を最小化することで生産性と安全性の両立を実現します。
非協働時は、最大TCP速度 2,500mm/s、繰り返し精度 ±0.04mmで稼働。COBOTTA PROは各軸に標準搭載した独自のトルクセンサに加え、トルク・速度・エリア監視などの機能安全により、作業者の安全を守ります。 また、シリコン緩衝材に高感度接触センサを組み込んだタッチセンシングソフトカバーを装着することにより、さらなる衝突リスクを低減。安全に生産性の向上に貢献します。

簡単に、精密に。
誰もが使いやすい開発環境

COBOTTA PROでは組立作業などの複雑で精度が求められる高難度作業を簡単かつ短時間で自動化するため、新しいコンセプトのダイレクトティーチングを開発しました。
軌道の記憶からわずか0.1mmの微調整まで、様々なティーチングシーンに応じた機能を搭載しています。
また、ビジュアルプログラミング言語「Blockly」を新たな開発環境として採用。ダイレクトティーチングと併用することで、プログラミングになじみのない方でも直感的・視覚的に 組立工程などの高精度・高難度アプリケーションに対応できます。

見て・考えて・動くロボットで、
人手に頼るしかなかった作業の自動化を実現

人協働ロボットは人手作業の置き換えに使われることが多いロボットです。
人と同じように見て・考えて・動くために高度な技術・ノウハウが必要であり、人手作業の自動化は難しいとされてきました。 高精度3D画像認識カメラ「Mech-Eye」や言語化できない人手作業を自動化する汎用AIソフトウェア「AI模倣学習」などを活用し、COBOTTA PROと周辺機器をRC9で統合制御することで、組立工程などの高難度作業も自動化できます。

LINEUP

  COBOTTA PRO 900 COBOTTA PRO 1300
最大リーチ 908mm 1,303mm
最大可搬質量 6kg 12kg
最大TCP速度 *1 並進 2,100mm/s 並進 2,500mm/s
位置繰り返し精度 ±0.03mm ±0.04mm
保護等級 IP54
クリーン度 *2 Clean class 5
適合規格 *3 EN ISO10218-1:2011
EN ISO13849-1:2015
ISO/TS15066:2016

*1 最大TCP速度は高速時 *2 クリーン度はクリーンタイプの場合 *3 取得予定



 

 

 

お問合せ

DENSO ROBOT MEMBER

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録