• 特長

EMU(Enhanced MUlti-robot simulator)は、 複数台のデンソーロボットのシミュレーションを 行うことができるソフトウェアです。

● WINCAPS®Ⅲで作成したプロジェクトを活用し、周辺機器(モデル)との連携や、バーチャルとリアルの混在状態での動作検証が可能です。
● デンソーロボットを主体とした設備において、設計段階での事前検証・生産システムの垂直立上を支援します。

技術特長

  • シーケンス制御

    システムコントローラのプログラムから、各ロボットを起動したり変数やI/Oを操作することで、設備全体の動作シーケンスを制御できます。また、複数台のデンソーロボットを使用した協調動作の検証が可能です。

  • 実機接続

    実機と接続することで、実機から取得したロボットの現在位置情報を3Dビューウインドウ上に表示できるため、バーチャルとリアルが混在した状態での動作検証も可能です。

  • 干渉チェック

    装置間の干渉チェックや動作シーケンスを事前に検証することで、設計の初期段階での完成度を高めることができ、開発期間の短縮とコスト削減に貢献します。

  • 周辺機器連携

    ワーク搬送コンベア、ローダなどの周辺装置とロボットを連動させた設備全体の動作を、実機を使わずに検証することが可能です。

動作環境

【OS】 Windows®7 / 8 / 10 【PC】 CPU マルチコアプロセッサ2GHz、 メモリ 2GB、 HDD 1GB以上  
【カメラ】 Basler製 GigEカメラ(aceシリーズ)、 iDS製 USBカメラ(uEye SEシリーズ)、 Canon製 ネットワークカメラ(WebView Livescopeシリーズ)

  • 特長

関連製品

お問合せ

DENSO ROBOT MEMBER