産業用ロボット

ソフトウェアVRC

ソフトウェア

この製品についてのお問い合わせ

VRC:バーチャル ロボット コントローラ

RC8(ロボットコントローラー)そのものをイメージ化し、PC上でRC8のバーチャル環境を提供するエミュレータ

製品情報を印刷する

VRCは、RC8(ロボットコントローラ)の仮想ロボットモジュールで、パソコン上にRC8の仮想環境を提供します。
バーチャルロボットコントローラ

VRCは、RC8(ロボットコントローラ)の仮想ロボット

モジュールで、パソコン上にRC8の仮想環境を提供します。


パソコンの汎用言語(Visual C++, Visual BASIC, Delphi,LabVIEW等)でプログラミングする場合、VRCに接続することにより、仮想環境上でデンソーロボット制御や状態監視を行うことができます。実機がない状況でも、実機同等の動きをシミュレートできますので、開発効率を大幅に向上させます。


特徴

GUIの提供

VRCの状態を可視化するツールとして、ティーチングペンダントと同等の操作やモニタリングができる「VRC Teach Pendant」
を提供します。このツールで、ロボットの現在位置情報や変数、I/O、エラーログなど様々な情報を確認できます。



VRCの状態を可視化するツールとして、ティーチングペンダントと同等の操作やモニタリングができる「VRC Teach Pendant」 を提供します。このツールで、ロボットの現在位置情報や変数、I/O、エラーログなど様々な情報を確認できます。


シミュレーション連携

市販のシミュレーションソフトウェアからVRCと連携することで、RC8(仮想環境)の情報(現在位置[ P型、J型、T型 ]、変数、
I/Oなど)をフィードバックし、各シミュレーションソフトウェアのGUI上に表現することが可能です。また、ロボット動作において、
実機同等の軌跡やサイクルタイムが実現できるので、より本物に近いシミュレーションが可能になります。

実行時、ティーチングペンダントに 結果を表示できるので、パソコンは不要。

動作環境: 【 OS】 Windows® XP SP1以降 / Vista / 7 / 8 【 PC】 CPU マルチコアプロセッサ2GHz、 メモリ 2GB、 HDD 1GB以上

※VRCをご使用になる場合は、別途“ORiN2 SDK”が必要です。

  • 特長