• 特長

b-CAP

LinuxやMac、ORiN2 SDKがインストールされていないWindowsなどのデバイスからでもb-CAPパケットを送信することでロボットを制御することが可能です。

b-CAP Slave Mode

短い時間間隔で位置・姿勢データを送信することでロボットを操作する機能です。
クライアントがロボットの姿勢を逐次指定することでロボットのリアルタイム制御を行います。この機能を用いることで、クライアントがロボットの軌跡を自由に操作することができます。

  • 特長

関連製品

関連活用シーン

  • FOOMA JAPAN 2018  「人工知能搭載弁当盛り付けロボット」

お問合せ

DENSO ROBOT MEMBER

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録