rMQRコードとは

rMQRコードは、狭いスペースに印字しやすい長方形ながら、読み取りやすく、多くの情報を格納できる、マトリックス方式の2次元コードです。従来のQRコードが印字できなかった狭いスペースへの印字や、マイクロQRコードより多くの情報を格納したいというニーズに対応します。

rMQRコードの特長

特長1:細長い余白に適した長方形

数字で最大361文字まで格納可能で、大容量と小型化を両立しています。 
 

特長2:大容量

数字で最大361文字まで格納可能で、大容量と小型化を両立しています。

 

特長3:高速読み取り

QRコード同様の3つの「パターン」を発展。セルを読込み、歪みを検知することで、通常のQRコードと同様の高速読み取りを実現しています。


 

 

rMQRコードの仕様

rMQRコードは、セル構成のバリエーションが豊富なコードです。
最小で縦7セル×横43セルに数字12桁、最大で17x139​セルに約361文字を格納します。

 


QRコード・マイクロQRとの比較

コード高さと情報量の相関



バージョンと情報

 

rMQRコードの想定用途

 

rMQRコードの読み取りに対応した当社製品

(読み取りの際は必ず最新ファームウェアに更新ください)

AT20(AT27Q-SBは除く)

FD2

関連技術情報

お問合せ

QBdirect

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録