FD2

極小コードから長距離読み取りまで​、幅広い対応ができる定置式スキャナ。

  • 特長
  • 仕様
  • システム構成
  • ソフトウェア

FD2は、200万画素の高解像度センサにより、 極小の部品に印字されたコードから大型部品に印字されたコードまで、 安定した読み取りを実現した定置式スキャナです。 密集するラインでも導入しやすい、手のひらサイズのボディに、 多様なワークを読み取るための機能を凝縮し、 製造現場のDX化に貢献します。
 

特長1 : 様々なコードを読み取るための機能がオールインワン。ワークに合わせたレンズ・照明の選定は不要

・オートフォーカスレンズ・高輝度照明・鏡面反射除去フィルタ内蔵のオールインワン設計。

・小型・省スペースで、ラインの小型化に貢献。
 

特長2 : 3ステップで最適な読み取りを自動設定​

・設置距離に合わせてオートフォーカス

・明るさ、鏡面反射制御、フィルタなど、約200万通りの条件から、最適条件を自動的に検出/調整。

・偏光をコントロールし、面反射の強いヘアライン金属素材や円筒曲面、反射の弱い鋳肌素材まで最適条件を自動で設定。

 

特長3 : お客様のラインに適合する、読み取り距離・視野の異なる2タイプをご用意

・ライン横や高い位置に設置し多様なワークを読み取れる標準視野モデルに加え、より密接した環境に対応する広視野モデルをご用意。

・高解像 200万画素CMOSイメージセンサを採用。極小ワークから、長距離読み取りまで対応。

・アルミ蒸着リフレクタによる照明システムが、超高精細かつクリアな撮像を実現。

 

特長4 : 極小、ダメージ、湾曲や変形まで。難読コードも確実に読み取り。

・ラベル素材の影響や、ラベル面に付着した汚れや、キズ、変色などによる不鮮明ノイズを除去でき、ダメージラベル読み取り率を大幅に向上。

その他の便利な機能

・稼働状況を即座に確認可能な、大型LED搭載。

・直感的に位置合わせが可能なガイドマーカ採用。

・確実な運用を支援する「読み取り安定度出力」「印字検証」機能​
 
タイプ 標準視野モデル 広視野モデル
型式

FD2-HS1000-ERU

FD2-HW1000-ERU

読み取り センサ

イメージセンサ 1600×1200画素

コード 2次元コード

QRコード、SQRC、マイクロQRコード、rMQR、DataMatrix(ECC200)、

PDF417、マイクロPDF417、Maxiコード、GS1 Composite(GS1 DataBar Composite)

バーコード

EAN-8/13、UPC-A/E(アドオン付き)、CODE39、CODABAR(NW-7)、
Interleaved 2 of 5、CODE128、GS1-128(EAN-128)、RSS(GS1 DataBar)

最小
分解能
2次元コード

0.06 mm

バーコード

0.08 mm

読み取り距離

110~1200 mm

50~720 mm

読み取り視野

185×148 mm
(読み取り距離600 mmのとき)

384×307 mm
(読み取り距離600 mmのとき)

調整

オートフォーカス、照明・フィルタオートチューニング

読み取り条件設定数

16

通信 インターフェース

Ethernet、RS-232C

産業用プロトコル

EtherNet/IP、ORiN対応

制御入出力

入力2点、出力3点

入力電源

DC24V±10%

保護等級 保護等級 IP65
使用温度範囲

-10~45℃

耐振動

振動数10~500Hz、掃引11分、片振幅0.75mm(加速度上限100m/s2)

 

寸法図

システム構成

設定ツール・ドライバ

 
名称 ダウンロード
Scanner Setting F ダウンロードはこちら

Active USB-COMポートドライバ

ダウンロードはこちら
  • 特長
  • 仕様
  • システム構成
  • ソフトウェア

関連製品

お問合せ

QBdirect

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録