RFIDとは

RFIDとは

RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。バーコードでの運用では、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができます。電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。

> RFIDの技術詳細についてはこちら

RFIDの特長

特長1:スキャナをかざすだけで複数のタグを一括で読み取れる

  • 商品のタグを一つ一つ読み取り。手間も時間もかかっていました。

  • RFIDなら
  • タグを一つ一つ探して読み取る必要がなく、スキャナをかざすだけでタグを一括読み取り。バーコードでの運用に比べ、約1/10の時間で棚卸が完了します。

特長2:距離が離れていても読み取れる

  • 高いところのバーコードは脚立を使って読み取り

  • RFIDなら
  • 遠くのタグも読み取ることができ、高い場所のタグも脚立を使わず読み取り可能です。作業時間の短縮はもちろん、作業者の安全確保にも繋がります。

特長3:箱の中に隠れているタグも読み取れる

  • 箱を開けてバーコードを1つ1つ読み取り

  • RFIDなら
  • 箱を開けずに一括読み取りが可能ですので、作業効率が大幅にアップします。

特長4:表面が汚れていても読み取れる

  • テープが貼りついてしまった・インクで汚れてしまったなど、タグが汚れていると読み取れない

  • RFIDなら
  • タグの表面が汚れてしまっても読み取ることができるため、使用環境が悪くても安心です。

> RFIDとは(技術編)はこちら

RFIDの導入事例

※詳細をご覧いただくには会員登録が必要です。

デモ動画

関連技術情報

関連製品

お問合せ

QBdirect

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録