HOME > 製品構成 > アプリケーション製品一覧 > Vmech

Vmech



  • ラティス・テクノロジー株式会社
  •  メーカーページへリンク

概要

デジタルモックアップによる
メカトロニクス制御ソフトウェアの実機レス開発
を可能とする仮想メカトロニクス・シミュレータ

XVLデータから仮想メカを構築・機構動作をシミュレートし、
制御ソフトウェアを実機レスで開発。

* XVL(eXtensible Virtual world description Language)とは
  ラティス・テクノロジーが開発した世界最高水準の基本性能を
  実現した軽量3次元フォーマット

主なソリューション
  • ロボット/PLC協調シミュレーション
  • メカ機構のタイミング検証

特長

  • 3D-CADデータを活用して、仮想のメカ(デジタル・モックアップ)を構築し、機構動作をシミュレートすることが可能です。3D表示にはXVLを活用し、高速な表示と動的干渉解析を実現しています。
  • 制御ソフトウェアの開発プラットフォームと接続し、試作機ができる前の段階からソフトウェアのデバッグ作業を開始することで、効率化や試作機台数削減などのコストダウンを可能とします。また、複雑化するメカの異常状態を含む種々の状態を設定し、検証を行うことで、ソフトウェアの品質向上に寄与します。
  • 製品/設備の出荷後にトラブルが発生した場合、動作のログを使って、Vmechを動かすことにより、仮想メカ上でトラブルを再現し、現地作業を最短で解決します。
  • メカの機構及び動的干渉の確認ができ、制御担当との明確な動作仕様の共有が可能になります。
機構設定と機構解析機能
  • 3Dデータと構成部品ツリーを活用した簡単な定義
  • 機構解析エンジンによるキネマティクス解析機能
  • 高速な動的干渉解析機能
搬送系モデリング機能
  • 紙送り機構/ワーク搬送機構のモデル化機能

構成図

*“VRC”はRC8(ロボットコントローラ)そのものをイメージ化し、PC上でRC8のバーチャル環境を提供します。

  • ORiN(Open Resource interface for the Network)を活用して、RC8やVRCとVmechを接続することができます。
ORiN接続オプション(Vmechオプション)
  • ORiN2 SDKで提供されるプロバイダを活用し、RC8やVRCと接続が可能
  • ロボットを含む設備・装置の実機レス検証が可能
  • PLC制御機器とロボット動作のインタフェースを事前検証することが可能
Vmechを活用した実機レス開発の手順


TOP