HOME > 製品構成 > アプリケーション製品一覧 > GP / LT series

GP / LT series



  • 株式会社デジタル
  •  メーカーページへリンク

概要

タッチパネル表示器で、ロボットの状態が一目瞭然!

ロボットコントローラとケーブル一本でつながる、
HMI(タッチパネル)がお客様のお悩みを解決します。

主なソリューション

  • ティーチングペンダント不要。誰でもロボットの状態が確認できます。
  • ロボットと装置の情報を同じ表示器に表示できるので、トラブルの原因究明が容易になります。
  • ロボットの各種状態が確認できるため、迅速かつ、確実に復旧操作が行えます。
  • ネットワーク接続だけで複数台のロボットの状態が確認できます。
溶接ロボット

溶接ロボット

塗装ロボット

塗装ロボット

梱包ロボット

梱包ロボット


特長

ジョブプログラムモニタ
ジョブプログラムモニタ

ロボットに問題が発生した時、どのステップで停止しているのか、すぐにわかります

アラーム履歴
アラーム履歴

ロボットで発生したアラームを表示します

ロボットI/Oモニタ
ロボットI/Oモニタ

入出力をコメントと一緒に表示すぐにIOの状態を確認できます

アームパラメータ
アームパラメータ

ロボットアームに関するパラメータ等の確認
*ティーチングペンダントと同内容を表示

ロボット一覧モニタ
ロボット一覧モニタ

接続しているロボットの状態を一覧で表⽰ 最⼤4台まで表⽰可能
*イーサネットでの最⼤大接続数は16台

変数モニタ
変数モニタ

ロボットアームに関する変数のモニタ値変更が可能


コクピットパーツは、ホームページから無償でダウンロードできます。
http://www.proface.co.jp/denso/ 


構成図

  • ロボットコントローラとタッチパネルをイーサネットで接続
  • ロボットコントローラとタッチパネルの通信プログラム不要
  • ロボット及び周辺装置(PLC)の詳細情報を同一画面に表示

*1.b-CAP とは、ORiNの仕様で定められたCAPの概念を踏襲し、通信速度の向上を狙ったプロトコル ※ b-CAPのRC8正式対応は、2013年内予定



*1.b-CAP とは、ORiNの仕様で定められたCAPの概念を踏襲し、通信速度の向上を狙ったプロトコル ※ b-CAPのRC8正式対応は、2013年内予定



TOP