• 特長
  • 動作環境

BHT-BASIC4.0 Creatorの主な機能

[セット内容]

ソリューション/プロジェクトによるファイル管理 

プログラムに紐付くマスタファイルや画像ファイルも一緒に管理可能

ソースファイルの編集 

標準のテキストウィンドウにて、ソースファイルの編集が可能(他のエディタソフトでの編集も可能)

ソースファイルのコンパイル・ビルド

従来のBHT-BASIC4.0コンパイラ同様、簡単にコンパイル/ビルドが可能

シミュレータによるアプリケーションデバッグ 

実機がなくても、PC上でアプリケーションのデバッグが可能

BHTへの実行プログラムおよびマスタファイルなどの関連ファイルのダウンロード 

従来のファイル単位でのダウンロードはもちろん、ソリューション/プロジェクト単位でのダウンロードも可能

BHT-BASIC4.0 Compiler形式(.bp4)プロジェクトからの移行

従来のBHT-BASIC4.0 Compilerにて作成されたプロジェクトを、BHT-BASIC4.0 Creatorでも引き続き同様に利用可能

BHT-BASIC4.0 Creatorの特長

メイン画面で全ての作業が可能

作業に応じてツールを起動する必要がありません。

  • ・コーディング
  • ・コンパイル/ビルド
  • ・シミュレート/デバッグ
  • ・プログラム、マスターファイルのインストール

各ウィンドウの配置は自在に変更できます。

シミュレート&デバッグ機能が充実

PC上でシミュレートしながらデバッグが可能です。実機を用意する必要がありません。

・ステップ実行
・ブレイクポイントの設定
・変数のウォッチ

PC上のシミュレータ(仮想BHT)と上位PCとの通信シミュレートも可能

・シリアル通信
・ソケット通信

  1. 1.シミュレートにつきましては、別途BHT-BASIC4.0 Creatorに対応したバージョンのシミュレータが必要となります。QBdirectよりダウンロード下さい。

BHT-BASIC4.0開発パックとの違い

  BHT-BASIC4.0 Creator BHT-BASIC4.0開発パック
製品構成 BHT-BASIC4.0 Creator
BHT-BASIC4.0転送ユーティリティ
BHT-BASIC4.0シミュレータ
BHT-BASIC4.0コンパイラ
BHT-BASIC4.0リモートデバッガ
BHT-BASIC4.0転送ユーティリティ
PC-BHTケーブル
※BHT-BASIC4.0シミュレータは別途ダウンロード
機能 ソリューション/プロジェクトによるファイル管理 従来のプロジェクト単位での管理の他、プログラム、マスタファイルなどをソリューション単位で一括管理も可能。 プロジェクト単位での管理のみ。
ソースファイルの編集 独自のテキストウィンドウを搭載。別途市販エディタを購入しなくても作成/編集が可能(市販エディタで作成していただいても構いません) × 別途市販エディタが必要。
ソースファイルのコンパイル・ビルド ソースコード単体でのコンパイルおよびプロジェクト単位でのビルドはもちろん、ソリューション単位での一括ビルドも可能。個々のコンパイル/ビルド忘れという人的ミスを軽減。 ソースコード単体でのコンパイル、プロジェクト単位でのビルドのみ。
アプリケーションのPC上でのシミュレート シリアル、ソケットによる 通信のシミュレートも可能。 BHT-BASIC4.0シミュレータにて アプリケーションのシミュレートが可能。但し、通信のシミュレートは不可。
シミュレータによるPC上でのアプリケーションデバッグ シミュレータで動作させながらデバッグが可能なため、実機が手元になくても開発可能(運用前には実際の環境と実機で最終確認することを推奨します)。 BHT-BASIC4.0リモートデバッガを使ったデバッグのため、実機が必要。
プログラムファイル、マスターファイルなど、BHTへの関連ファイルダウンロード ソリューション単位で管理しているため、必要なファイルを自動で一括ダウンロードが可能。ダウンロード忘れおよび古いファイルをダウンロードしてしまうなどの人的ミスを削減。 BHT-BASIC4.0転送ユーティリティを使って、必要なファイルを自分で選んでダウンロード。
対応機種 PC/AT互換機
対応OS Windows® Vista(32bit版)、7(32bit版/64bit版[WOW64])、8(32bit版/64bit版[WOW64])、8.1(32bit版/64bit版[WOW64])、10(32bit/64bit(WOW64))(1)
CPU Intel®アーキテクチャCPU(2)
メモリ 上記OSが正常動作するメモリ
HDD 約140MB以上の空きエリア
対応BHT BHT-500シリーズ(3)、BHT-600シリーズ、BHT-800シリーズ、BHT-900シリーズ、BHT-1300(BHT-OS)シリーズ(3)、BHT-1500シリーズ

Windows XP/Vistaをご使用の方へ

  • ・BHT-BASIC4.0 Creatorの起動には、「.NET Framework 3.5 SP1」が必要です。
  • ・BHT-BASIC4.0 Creatorが起動しない場合は、Windows Updateを実行し、「.NET Framework 3.5 SP1」以降をインストールしてください。(Windows 7には、標準搭載されています)
  1. 1.Windows®は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  2. 2.Intel®は、米国Intel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  3. 3.BHT-504BIB、BHT-504BIB-N、BHT-1306QWB-Hはシミュレータライブラリに対応しておりません。
  • 特長
  • 動作環境

関連製品

お問合せ

QBdirect