FAQ

実行エラー番号について

画面下方に「"ERL=XXXXXXXX ERR=XXXX"」と表示されます。 実行エラーが発生したようですが、実行エラーの番号の意味を教えてください。

エラー番号の意味は、下表のとおりです。

下表にないエラーについては、各製品のBHT-BASICプログラミングマニュアル「付録A エラーコードとエラーメッセージ」をご覧ください。

エラーコード

意味

00h

システムの内部要因によるエラー。 (事例1)

01h

NEXTに対応するFORがありません。

02h

文法エラー

03h

RETURNに対応するGOSUBがありません。

04h

DATAステートメントがありません。
(READステートメントで読むデータがもうありません。)

05h

パラメタの値が範囲外です。

06h

演算結果が許容範囲をこえています。

07h

メモリが足りません。(ネストが深すぎるなど) (事例1 | 事例2

08h

配列が宣言されていません。 (事例1

09h

添字の値が範囲外です。
(添字の値が配列のサイズをこえているか、次元の指定が宣言と異なっています。)

0Ah

二重宣言(配列が二重に宣言されました。)

0Bh

0による除算が実行されました。

0Ch

CASEおよびEND SELECTに対応するSELECTがありません。

0Dh

END DEFまたはEXIT DEFステートメントが、DEF FNステートメントブロックの外で実行されました。

0Eh

実引数の値が仮引数の型の範囲を超えています
仮引数とローカル変数の数の合計が範囲外です。
(合計数が254を越えました。)

0Fh

文字列長が範囲外です。 (事例1

10h

式が長すぎるか、複雑すぎます。

11h

アプリケーションスタックオーバーフロー (事例1

12h

スコープ違反です。 (事例1

14h

エラーが発生していないのにRESUMEステートメントが実行されました。
(エラー割込み処理ルーチンの外でRESUMEステートメントが実行されました。)

1Fh

CALLステートメントで、範囲外の機能番号が指定されました。

32h

ファイルタイプが間違っています。

33h

受信テキストのフォーマットが正しくありません。

34h

ファイル名かファイル番号が正しくありません。
(指定されたファイルはオープンされていません。)

35h

ファイルが見つかりません。

36h

ファイルタイプが正しくありません。
(ステートメントまたは関数と、ファイルタイプ(データファイル、通信デバイスファイル、バーコードデバイスファイル)が矛盾しています。) (事例1

37h

ファイルはオープン済みです。
(オープン済みのファイルに対してOPENステートメントが実行されました。)

38h

ファイル名が受信ヘッダのものと異なっています。

39h

ファイル数が多すぎます。

3Ah

ファイル番号の値が範囲外です。

3Bh

レコード数が、定義された最大値をこえました。

3Ch

FIELDオーバーフロー
(FIELDステートメントで指定されたレコード長が、255バイトをこえています。)

3Dh

FIELDステートメントで指定されたフィールド幅が、ファイルと異なっています。 (事例1

3Eh

FIELDステートメントが実行されていないのに、PUTまたはGETステートメントが実行されました。
フィールド変数のスコープが範囲外です。

3Fh

レコード番号が正しくありません。(レコード番号の値が範囲外です。) (事例1

40h

パラメタが設定されていません。(IDが設定されていません。)

41h

ファイルが壊れています。

42h

読み出し専用ファイルに書き込もうとしました。

43h

フラッシュROM上のファイルは変更できません。

読み出し専用のファイルは変更できません。

45h

同時オープンが禁止されているデバイスファイルをオープンしようとしました。

46h

通信エラーが発生しました。 (事例1

47h

通信が異常終了したか、クリアキーによって中断されました。 (事例1

48h

通信タイムアウト
(指定された時間内にCS信号を受信できませんでした。)

49h

受信したプログラムファイルが不正です。

4Ah

レコード件数が多すぎます。(BHT/BHT-Irプロトコル指定時) (事例1

4Bh

指定プロトコルと、通信相手のプロトコルが異なります。(Ymodemプロトコル指定時)

6Fh

ファイルが既に存在しています。

90h

ファイル受信時、解凍に失敗しました。(Ymodemプロトコル指定時)

A0h

画像データが不正です。(サイズが大きすぎます。データが壊れています。)

A1h

画像データ表示に失敗しました。

A2h

画像データ表示に失敗しました。

A8h

再生できないファイルです。

A9h

再生できない音声データ形式です。

F0h

引数の数が異なります。 (事例1

F1h

引数の型が異なります。

F2h

文字列変数領域が不足しています。

100h

通信経路の指定に失敗しました。

101h

通信経路の接続に失敗しました。

102h

通信経路が指定されていません。

103h

すでに通信経路が接続されています。 (事例1

104h

すでに通信経路が切断されています。

105h

電源断を検出しました。 (事例1

106h

TCP/IPモジュールの内部要因エラー

107h

TCP/IPモジュールが起動していません。 (事例1

108h

TCP/IPモジュールの使用するメモリが不足しています。

110h

2XX以外の応答を受け取りました。 (事例1

111h

ファイルがクローズされていません。

201h

ソケットの接続はできません。

202h

FTP転送するファイルが見つかりません。

209h

ソケット識別子が無効です。

20Dh

切断せず異なるFTPサーバに接続しようとした。

216h

パラメタの1つが無効です。FTPハンドルが無効です。
パラメタの1つが無効か、ソケットがすでにバインドされています。

218h

ソケット数が多すぎます。

224h

ソケットにアドレスを割り付け中です。

225h

前回のソケットのクローズが完了していません。

228h

受信する最大データ数が小さすぎます。

229h

指定したソケットが接続先のソケットと一致しません。

22Ah

このオプションが指定のレベルで認識されません。

22Bh

このプロトコルファミリは、指定したプロトコルタイプおよびプロトコルに対応していません。

22Fh

指定したアドレスファミリはこのソケットでは不正です。

230h

指定IPアドレスはすでに使用されています。

231h

指定したアドレスが不正です。

236h

相手側からRSTを受信し、コネクションが切れました。 (事例1

237h

システム領域のメモリが足りません。

238h

ソケットはすでに接続されています。

239h

ソケットが接続されていません。

23Ah

ソケットがクローズされています。(TCPソケットのみ)

23Ch

タイムアウトが発生しました。 (事例1 | 事例2

23Dh

接続に失敗しました。 (事例1

293h

通信経路上に問題が発生しました。

241h

ホストまでの接続経路がありません。 (事例1

295h

ログイン要求したがユーザがありません。

400h

設定値を読み出せませんでした。(書き込めませんでした。)

401h

SS無線通信デバイスファイルまたは微弱無線通信デバイスファイルのオープンに失敗しました。

450h

無線通信デバイスからの応答がありません。

503h

CUが他のBHTとリンク確立されています。

504h

既にCU設定の実行中です。

505h

タイムアウト

506h

サポートしていない通信速度です。 (事例1

600h

Bluetooth通信デバイスのオープンに失敗しました。

601h

接続に失敗しました。

602h

接続処理がタイムアウトしました。

620h

リモートデバイスと接続されていません。

610h

Bluetoothデータリンクが既に切断されています。

621h

リモートデバイス名の獲得に失敗しました。

622h

Bluetooth通信デバイスからの応答がありません。

630h

サービス検索に失敗しました。

631h

サービス検索処理がタイムアウトしました。

640h

低消費電力モードへ遷移できませんでした。

641h

既に低消費電力モードに遷移しています。

お問合せ

QBdirect