• 特長
  • 動作環境

BHT Managerは、(株)デンソーウェーブ製のハンデイターミナルをお使い頂くお客様の運用・保守の負担を減らすツールです。お使い頂いているBHT-OSやアプリケーションの自動アップデートはもちろん、マスターデータの配信やユーザデータの収集も可能です。

導入効果

  • ・ネットワークを用いた集中管理により、システム管理者の負担を軽減します。
  • ・どなたでも使いやすく、システム管理者のスキルに依存しない運用が可能です。

主な機能

・BHT-OS、アプリケーション、マスターデータの配信・更新(1)
・BHT自動バックアップ機能(2)により、BHT内のアプリケーション、マスターデータやユーザデータのバックアップが可能

ケーススタディ1:自席からマスターデータを一括更新


BHT-Manager導入前:物流センターへの出荷予定データを午前中にダウンロード。約16分のダウンロード作業が発生。
BHT-Manager導入後:入荷作業(午前中)終了後、出荷予定データをダウンロード。約4分でダウンロード作業が完了。
 

ケーススタディ2:本部から全国の拠点におけるアプリケーション更新(全国100店舗展開のチェーン店の場合)


BHT-Manager導入前:各拠点を回り、アプリケーション/OSのバージョンアップ作業を実行。
5万円/人とすると、作業費として100万円+交通費が発生。
作業のために入店 5店舗/日
入替えにかかる日数 合計20日間 

BHT-Manager導入後:本部のネットワークを通じて、アプリケーション/OSのバージョンアップ作業を実行。
作業費として5万円のみ発生。
作業のために入店 不要
入替えにかかる日数 合計1日間
  1. 1.「BHT-OS」「アプリケーション」「マスタデータ」の更新内容をまとめて「パッケージ」として配信することで、それぞれのファイルのバージョン不一致をおこしません。
  2. 2.BHTに格納されている「アプリケーション」、「マスタデータ」や「ユーザデータ」を指定された条件(イベント)でPC側にバックアップすることができます。

動作環境

OS Windows®XP(32bit版)、Windows®Vista(32bit版)、Windows®7(32/64bit版)、Windows®8(32/64bit版)、Windows®8.1(32/64bit版)
ご使用にあたり必要なソフトウェア Microsoft.NET Framework 3.5 SP1、Microsoft SQL Server Express Edition(1)

BHT対応機種

型式 システムプログラムバージョン
BHT-1300シリーズ 1.00以降
BHT-800シリーズ 1.00以降
  1. 1.対応しているMicrosoft SQL Server Express Editionは次の通りです。
    • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2008 Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express Edition
    • Microsoft SQL Server 2012 Express Edition
  • 特長
  • 動作環境

関連製品

お問合せ

QBdirect