08年4月新発売!産業用小型ロボット「組込型XRシリーズ」

XR Series 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:深谷 紘一)のグループ会社で産業機器事業を担う株式会社デンソーウェーブ(本社:東京都港区、社長:上石 和信)は、生産設備の小型化を可能にする天吊り構造の産業用小型ロボット「組込型XRシリーズ」を発売します。
全国のデンソーFA販売店を通じて2008年4月から発売予定です。
製造現場では、設備の小型化と生産性の向上が求められています。「組込型XRシリーズ」は天吊り構造を採用し、従来の直交型ロボット*を使用した場合と比 べ、生産設備の面積の大幅な削減が可能となりました。これにより、設備ラインを短縮し、中間在庫の低減、生産リードタイムの削減などが期待できます。

「組込型XRシリーズ」の特長は以下のとおりです。
<特 長>
1.直動軸(X軸)と旋回軸(R軸)の組み合わせにより、広い動作範囲を確保
2.当社直交型ロボットと比べて約17%高速化
3.上下軸(Z軸)は望遠鏡のように伸縮するテレスコピック構造を採用し、背の低い生産設備に対応
4.最大可搬質量は3kg
5.14種類のバリエーションで生産設備にあわせたサイズ選びが可能
種類

直動軸(X軸)

450mm、760mm、1060mm

旋回軸(R軸)

200mm、250mm、300mm

上下軸(Z軸)

135mm、200mm

回転軸(T軸)

±360°

* 直交する2つの軸(X、Y軸)上を水平方向に移動する産業用ロボット。機種によって垂直方向の移動、作業先端部分の回転も可能。

<ご参考:国際ロボット展への出展>
デンソーウェーブは、11月28日(水)から12月1日(土)まで東京国際展示場で開催される
「2007国際ロボット展」に出展します。「組込型XRシリーズ」をはじめ、2008年に発売予定の外観検査ロボット、パワーと精度が向上した小型垂直多関節ロボット「VSシリーズ」などを展示します。

 

お問合せ

DENSO ROBOT MEMBER