技術情報

プログラムのダウンロード | USBケーブル(COM)

USBケーブル、転送ユーティリティを使ってダウンロード

概要

USBケーブルを介して、ファイルをダウンロードします。

用意するもの

ハードウェア
  • PC
  • BHT
  • USBケーブル(USB2.0対応 mini-Bタイプ)
ソフトウェア、マニュアル

必要なソフトウェアのインストール

ドライバのインストール

USBで接続する場合は、USBを仮想シリアルポートとして扱うために、ドライバをインストールします。

  1. Active USB-COMポートドライバをダウンロードしてください。
  2. ダウンロードされたファイルを解凍し、インストールガイドを参照してください。
  3. インストールガイドにしたがって、インストールしてください。
BHT-BASIC4.0転送ユーティリティのインストール

プログラムファイルを転送するためのツールをインストールします。

  1. BHT-BASIC4.0転送ユーティリティをダウンロードしてください。
    → 開発PC用にダウンロード
    → 運用PC用にダウンロード
  2. ダウンロードされたファイルを解凍し、インストールしてください。

ファイルのダウンロード

ダウンロード環境の準備
BHTの準備
  1. [SF]キー、[1]キーを押したまま電源をオンすると、システムメニューが起動します。
    [DEVICE] - [USB]を選択してください。
    USB通信の設定メニューが表示されます。
    USB接続モードとして「COM」を設定してください。

    (注)メニューや項目番号は、BHTによって異なります。
  2. システムメニューで[SET SYSTEM] - [COMMUNICATION] - [COM PORT]を選択してください。
    通信ポートの設定メニューが表示されます。
    通信ポートとして「Connector」を選択してください。
PCの準備
  1. デバイスマネージャを起動し、BHTの接続されたCOMポート番号を確認してください。
    BHTを抜き差しすると、「Disconnected」、「Connected」が切り替わります。
  2. 転送ユーティリティを起動してください。
  3. [オプション(O)]メニュー、[通信プロトコル選択(P)]を選択し、通信プロトコルが「YMODEM(Batch)」に設定されていることを確認してください。
    ここでは、通信プロトコルとしてYmodemを使用することを前提としています。Ymodem以外の場合、変更が必要です。
  4. [オプション(O)]メニュー、[通信オプション設定(O)]を選択してください。
  5. 通信オプション設定メニューが表示されます。
    使用する環境にあわせて、通信ポート、通信速度などを設定してください。通信ポートには、デバイスマネージャで確認されたCOMポート番号を設定してください。

    【YMODEM(Batch)選択時の通信オプション設定画面】
ダウンロード
  1. BHTの[SF]キー、[1]キーを押したまま電源をオンしてシステムメニューを起動し、[DOWNLOAD]を選択してください。
    ダウンロードメニューが表示されます。
  2. [FILE]を選択してください。
    ここでは、通信プロトコルとしてYmodemを使用することを前提としています。Ymodem以外の場合、変更が必要です。


    " ** Waiting **"と表示され、ダウンロード待ち状態になります。
  3. BHT-BASIC4.0転送ユーティリティの [ファイル(F)]メニュー、[ファイルの送信(S)]を選択し、[ファイルの送信]ダイアログボックスを表示させてください。
  4. 作成したユーザプログラムを選択し、[開く(O)]をクリックしてください。
  5. ファイルのダウンロードが開始され、進捗画面が表示されます。
  6. ダウンロードが正常終了すると、以下の画面が表示されます。
    <BHTの正常終了画面>


    <BHT-BASIC4.0転送ユーティリティの正常終了画面>

お問合せ

QBdirect