• 特長
  • 動作環境

受信データをキーボードデータへ変換

シリアルポート受信データをキーボードデータへ変換します。データ送信は文字送信モードとキーボードモードの2種類に対応し、端末エミュレーションソフトなどにも対応しました。

指定ウィンドウ送信機能

スキャナのデータはアクティブウィンドウに限らず、ウィンドウを特定して送信が可能。入力ミスやデータ消失のリスクを軽減します。

QR_kbif複数同時起動、N:1、N:N接続が可能

スキャナとデータを受け取るアプリケーションの組み合わせが1:1だけでなく、複数のスキャナ接続をサポートしたN:1が可能です。また 複数の QR_kbif同時起動と、指定ウィンドウへの送信を組み合わせることで、N:N,N:M(N>M)の組み合わせも可能です。

高度なデータ編集機能

ADFスクリプトのサポートにより、条件判断を含む任意の文字列操作、スキャナの制御、外部プログラムの起動などが可能です。

手軽なメニューによるデータ編集機能

簡単に任意の文字列をデータの前後に追加・削除できるデータ編集機能を搭載しました。

ファイル受信機能

受信したデータを指定ファイルに一括受信することができます。

モニター機能

RS-232Cからの受信データを、ASCII/JISコードの文字としての表示と、16進数での表示が同時に可能で、通常表示できない文字も含めて通信データの詳細を確認することができます。
OS Windows® Vista(32bit版)、Windows® 7(32bit版/64bit版[WOW64])、Windows® 8(32bit版/64bit版[WOW64])、Windows® 8.1(32bit版/64bit版[WOW64])、Windows® 10(32bit/64bit(WOW64))(1)(3)
CPU Celeron®1GHz 以上が望ましい(2)
メモリ Windows®XP(1)で512M バイト以上,その他で1G バイト以上
HDD 6M バイト以上の空きエリアが必要

対応スキャナ

シリーズ 型式
ATシリーズ すべて
GTシリーズ すべて
HC56シリーズ すべて
QBシリーズ すべて
QD25シリーズ すべて
QK12シリーズ すべて
QK20シリーズ すべて
QK30シリーズ すべて
QS20Pシリーズ QS20P-A11
SE1シリーズ すべて
  1. 1.Microsoft®、Windows®は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  2. 2.Celeron®は米国Intel社の米国およびその他の国における登録商標です。
  3. 3.Windows®7/8/8.1/10 64ビットでは、WOW64(Windows 32bit emulation on Windows 64bit)の仕組みで、Win32アプリケーションとして動作します。
  • 特長
  • 動作環境

関連製品

お問合せ

QBdirect

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録