技術情報

アプリケーション開発ガイド -ファイルを受信する-

ファイルを受信する

機能

BHTプロトコル、BHT-Irプロトコル、または、Ymodemプロトコルで、ファイルを受信します。

書式

詳細説明

OUTステートメントで通信プロトコルを指定し、XFILEステートメントでファイルを受信します。

プログラムファイル、データファイル、どちらも受信できます。
BHT内に同じファイル名のファイルが既に存在する場合、ファイルは上書きされます。 その際、BHT内の対象ファイルは、クローズしておいてください。

BHT内に、同じファイル名で異なったフィールド構成のファイルが存在する場合、あらたにファイルを受信することができず、実行エラー(3Dh)となります。受信するためには、ファイルを削除しておいてください。

ファイルを受信する際には、ホストコンピュータの準備ができていない、BHTが正しくCUに載せられていない、など、通信エラーが発生することが予測されます。
そこで、エラートラッピング機能を使用し、エラーメッセージを表示する、リトライする、といった処理を行うことを推奨しています。→エラートラッピング

ファイル転送中に[C]キーが押されると、転送は中断され、実行エラー(47h)となります。

BHT-7000、BHT-7500、BHT-8000、BHT-100シリーズでは、Ymodemプロトコルを指定することはできません。

使用例
Ymodemプロトコルでプログラムファイル「TEST.PD4」を受信する
  open "COM1:115200" as #1
out &h6060, 3
xfile "TEST.PD4", "R"
close #1

Ymodemプロトコルでデータファイル「TEST1.DAT」を受信する

  open "COM1:115200" as #1
out &h6060, 3
xfile "TEST1.DAT", "R"
close #1

BHT-Irプロトコルでデータファイル「TEST2.DAT」を受信する

  open "COM1:115200" as #1
out &h6060, 2
xfile "TEST2.DAT", "R"
close #1

お問合せ

QBdirect