技術情報

アプリケーション開発ガイド | BHT-BASIC4.0 Development Packを使用した開発環境 | ダウンロード


4.ダウンロード

作成したユーザプログラムをBHT上で動作させるために、プログラムをBHTへダウンロードします。
ダウンロードには、転送ユーティリティを使用します。

ダウンロードについて、以下の順に説明します。

詳細については、各製品の取扱説明書、転送ユーティリティガイドを参照してください。

ハードウェア環境の準備

BHTと開発用PCを専用インタフェースケーブルで接続します。
CUを使用して接続することも可能です。

BHTの準備

ダウンロード環境の設定
  1. [SF]キー、[1]キーを押したまま電源をオンすると、システムメニューが起動します。
    [SET SYSTEM]を選択してください。
    (注)メニューや項目番号は、BHTによって異なります。
  2. システム環境設定メニューが表示されます。
    [COMMUNICATION]を選択してください。
    (注)メニューや項目番号は、BHTによって異なります。
  3. 通信環境設定メニューが表示されます。
    使用する通信ポート、通信速度、プロトコルなどを選択してください。


    (注)メニューや項目番号は、BHTによって異なります。

ダウンロード
  1. [SF]キー、[1]キーを押したまま電源をオンしてシステムメニューを起動し、[DOWNLOAD]を選択してください。
  2. ダウンロードメニューが表示されます。[FILE]を選択してください。
  3. "** Waiting **"と表示され、ダウンロード待ち状態になります。
  4. ダウンロードが正常終了すると、以下の画面が表示されます。

 

PCの準備

ダウンロード環境の設定
  1. 転送ユーティリティを起動してください。
  2. [オプション(O)]メニュー、[通信プロトコル選択(P)]を選択してください。
    Ir転送ユーティリティ、転送ユーティリティでは、通信プロトコル選択メニューは表示されません。
  3. 通信プロトコル選択画面が表示されます。
    使用するBHTの機種に応じて指定してください。指定できるプロトコルは下表のとおりです。
     
    機種 対応プロトコル
    BHT-7000シリーズ
    BHT-7500シリーズ
    BHT-8000シリーズ
    BHT-100シリーズ
    BHT-Ir
    BHT-300シリーズ
    BHT-500シリーズ
    BHT-600シリーズ

    YMODEM(Batch)(推奨)
    BHT-Ir


  4. [オプション(O)]メニュー、[通信オプション設定(O)]を選択してください。
  5. 通信オプション設定メニューが表示されます。
    使用する環境にあわせて、通信ポート、通信速度などを設定してください。

    【YMODEM(Batch)選択時の通信オプション設定画面】


    【BHT-Ir選択時の通信オプション設定画面】
ダウンロード
  1. [ファイル(F)]メニュー、[ファイルの送信(S)]を選択し、[ファイルの送信]ダイアログボックスを表示させてください。
  2. 作成したユーザプログラムを選択し、[開く(O)]をクリックしてください。
  3. ファイルのダウンロードが開始され、進捗画面が表示されます。
  4. ダウンロードが正常に終わると、"送信は正常終了しました"と表示されます。

 

転送ユーティリティの種類

転送ユーティリティには、BHT-BASIC4.0転送ユーティリティ、Ir転送ユーティリティC(It3cw32.exe)、転送ユーティリティ(Tu3w32.exe)があります。
各々の違いは、サポートしている通信プロトコルの種類で、下表のようになっています。

製品 対応プロトコル
BHT-BASIC4.0転送ユーティリティ Ymodemプロトコル
BHT-Irプロトコル
Ir転送ユーティリティC BHT-Irプロトコル
転送ユーティリティ BHTプロトコル

 

プロトコルの種類

BHTには、以下のプロトコルが用意されています。

プロトコル 概要
BHT-Irプロトコル
<7000/7500/8000/100シリーズ推奨>
弊社オリジナルのファイル転送プロトコルです。
Ymodemプロトコル
< BHT-300/500/600シリーズ推奨>
一般的なYmodemプロトコルです。
BHT-Irプロトコルと比較して、高速な通信が可能です。
BHTプロトコル 弊社オリジナルのファイル転送プロトコルです。
現在は、従来機種との互換性のために存在します。

Ethernet対応のCUを使用する場合や、無線LANタイプのBHTでは、FTPを使用してダウンロードすることもできます。

お問合せ

QBdirect