技術情報

アプリケーション開発ガイド -IrDA通信デバイスファイルをオープンする-

IrDA通信デバイスをオープンする

機能

IrDA通信デバイスをオープンし、CUを介してファイル転送などの通信ができる状態にします。

書式

詳細説明

BHT-BASICでは、通信デバイスをファイルとして扱います。
そのため、ファイルを転送したり、パケットを送受信するためには、まず、通信デバイスファイルをオープンします。

speedには、伝送速度を指定します。下表の値を指定できます。省略されると、最後に指定された値、またはデフォルト(9600bps)が設定されます。

伝送速度 指定する値
115200bps 115200
57600bps 57600
38400bps 38400
19200bps 19200
9600bps 9600
4800bps 4800
2400bps 2400
1200bps 1200
600bps 600
300bps 300

filenoには、1~16の任意の値を指定できますが、他のデータファイルやバーコードデバイスファイルと重ならないようにしてください。パケットを送信したり、通信デバイスファイルをクローズするには、このfileno を使用します。

IrDA通信デバイスは、バーコードや無線などのデバイスとの同時使用が制限されていますので、それらのデバイスファイルをクローズしてからオープンしてください。

通信処理が終了した場合は、通信デバイスをクローズしてください。通信デバイスをクローズすることで、BHTの消費電力を低減し、連続して使用できる時間を長くすることができます。→ 通信デバイスのクローズ

使用例

伝送速度115200bpsで、IrDA通信デバイスをオープンする

  open "COM1:115200" as #1

伝送速度9600bpsで、IrDA通信デバイスをオープンする

  open "COM1:9600" as #1

お問合せ

QBdirect