技術情報

アプリケーション開発ガイド | BHT-BASIC4.0 Development Packを使用した開発環境 | プログラムの作成

3.プログラムの作成

コーディング

プログラムソースを作成します。
コーディングには、市販のテキストエディタを使用します。

ビルド(コンパイルとリンク)

BHT-BASICコンパイラを使用して、プログラムソースをビルドし、BHTにダウンロードできる「ユーザプログラム」を生成します。
ビルドについて、以下の順に説明します。

詳細については、BHT-BASICプログラミングマニュアルの「第2章 開発環境と開発手順」を参照してください。

ビルドの手順

1. BHT-BASICコンパイラを起動してください。
2. [ファイル(F)]メニュー、[開く(O)]を選択し、[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示させてください。

3. 作成したプログラムソースファイルを選択し、[開く(O)]をクリックして、ソースファイルを開いてください。

4. [ツール(T)]メニュー、[オプション(O)]を選択し、[オプションの設定]ダイアログを表示させてください。

5. 各オプションを指定します。
使用するBHTの機種に応じて、[使用言語]オプションを、下表のように指定してください。

機種 [使用言語]
BHT-7000シリーズ
BHT-7500シリーズ
BHT-8000シリーズ
BHT-100シリーズ
BHT-BASIC3.6
BHT-300シリーズ
BHT-500シリーズ
BHT-BASIC4.0

この他のオプションも、目的に応じて指定する必要がありますが、まずは下図のように指定してください。
BHT-BASIC3.6を選択した場合、いくつかのオプションはグレーアウトされます。

6. [ビルド(B)]メニュー、[ビルド(B)]を選択し、ビルドを実行してください。

ビルド結果を確認する
ビルドが正常終了すると、「ビルドが正常に終了しました」と表示され、ユーザプログラム(拡張子:PD4またはPD3)が出力されます。ユーザプログラムのダウンロードへ進んでください。
コンパイラが文法エラーを検出すると、「コンパイルに失敗しました」と表示され、エラーメッセージファイル(拡張子:ERR)が出力されます。
エラーが発生した行番号とエラーコードから、エラーの要因をつきとめ、プログラムソースを修正してください。
文法エラーのエラーコードについては、BHT-BASICプログラミングマニュアルの「付録A2 コンパイルエラー」を参照してください。

コンパイラがフェータルエラーを検出すると、以下のような画面が表示されます。
エラーコードからエラーの要因をつきとめ、プログラムソースを修正してください。
フェータルエラーのエラーコードについては、BHT-BASICプログラミングマニュアルの「付録A2 コンパイルエラー」を参照してください。

複数のプログラムソースから一つのユーザプログラムを作成する
BHT-BASICでは、複数のプログラムソースから一つのユーザプログラムを作成することができます。
それには、プロジェクトファイルを作成し、使用するプログラムソースファイルを登録する必要があります。
プロジェクトファイルについては、ここでは説明しません。BHT-BASICプログラミングマニュアルを参照してください。

お問合せ

QBdirect