技術情報

アプリケーション開発ガイド | BHT-BASIC4.0 Development Packを使用した開発環境 | 用意するもの

1. 開発に必要なもの

1.1. ハードウェア環境

バーコードハンディターミナル(BHT)(必須)

バーコード、二次元コードの両方に対応した BHT-300シリーズの他、携帯性に優れた BHT-8000シリーズ、無線LANに接続できるタイプ、Bluetooth®通信できるタイプなど、さまざまな機種が用意されていますので、用途にあわせて準備してください。

→ BHTの製品情報

開発用PC(必須)

BHTアプリケーションプログラムのコーディング、コンパイル、ダウンロードなどに使用します。

運用で使用するホストPCと共用することもできます。

→ 必要なスペック

専用インタフェースケーブル

開発用PCからBHTへ、作成したプログラムをダウンロードしたり、リモートデバッグするためのインタフェースケーブルです。

BHT-BASIC4.0開発パックに同梱されています。

通信ユニット(CU)を使用して、プログラムをダウンロードすることはできますが、リモートデバッグすることはできません。リモートデバッガを使用するためには、専用インタフェースケーブルが必須です。

通信ユニット(CU)、及び、ホストPCとのインタフェースケーブル

BHTで、IrDAインタフェースを使用して、ファイルやデータなどをやりとりする場合に、使用します。

ホストPCとの通信インタフェースとしては、RS232C、USB、Ethernetなどが用意されていますので、用途にあわせて選択してください。

ホストPCとの接続には、インタフェースケーブルが必要です。

RS232Cインタフェースの場合、CUはDTEとして動作しますので、ホストPC(DTE)との接続にはクロスケーブルを使用してください。

その他、デバッグに必要な環境

ホストPC、無線LANアクセスポイント、Bluetoothモデムなど、実運用で使用するものと同等の環境を用意してください。

1.2. ソフトウェア環境

エディタ(必須)

アプリケーションプログラムをコーディングするために使用します。

Windowsのメモ帳など、市販のテキストエディタを用意してください。

BHT-BASICコンパイラ(必須)

コーディングされたプログラムソースをビルドし、中間言語形式の「ユーザプログラム」を生成します。

コンパイラは、BHT-BASIC4.0開発パックに含まれています。

現在販売しているのは、BHT-BASIC4.0コンパイラのみですが、BHT-BASIC3.6対応BHTの開発には、BHT-BASIC3.6コンパイラも使用できます。

転送ユーティリティ(必須)

開発用PCからBHTへ、コンパイルされたユーザプログラムをダウンロードします。

BHT-BASIC4.0転送ユーティリティは、BHT-BASIC4.0開発パックに含まれています。

現在販売しているのは、BHT-BASIC4.0転送ユーティリティのみですが、Ir転送ユーティリティC(It3cw32.exe)、転送ユーティリティ(Tu3w32.exe)も使用できます。

→ BHT-BASIC4.0転送ユーティリティ

リモートデバッガ

BHT-BASICアプリケーションプログラムの開発をサポートするための統合開発ツールです。コーディングされたプログラムソースをビルドし、BHT上でのプログラムのリモートデバッグを行ないます。

リモートデバッガは、BHT-BASIC4.0開発パックに含まれています。

現在販売しているのは、BHT-BASIC4.0リモートデバッガのみですが、BHT-BASIC3.6対応BHTの開発には、BHT-BASICリモートデバッガ(BHT-BASIC3.6専用)も使用できます。

→ BHT-BASICリモートデバッガ

お問合せ

QBdirect