技術情報

BHT IMEの導入について

以下の手順に従って、導入してください。

用意するもの

導入手順

  1. 1. QBdirectに登録し、ログインしてください。
  2. 2. 既に製品をご購入いただいているお客様は、ライセンス証書に記載の製品シリアル番号を登録してください。

    シリアル番号登録
  3. 3. ソフトウェアをダウンロードしてください。

    BHT IMEマニュアルダウンロード
  4. 4. ダウンロードされたBHT IMEマニュアルの「はじめに」を参照し、BHT IME対応機種とシステムプログラムバージョンを確認してください。
  5. 5. お使いのBHT本体のシステムプログラムバージョンを確認してください。
    BHTのシステムメニューを起動し、[6:VERSION]を選択して表示される「SYSTEM Ver.」の値が、システムプログラムバージョンです。
    お使いのBHT本体のシステムプログラムが、既にBHT IMEに対応している場合、 6.へ進んでください。
    お使いのBHT本体のシステムプログラムがBHT IMEに未対応の場合、 5.へ進んでください。
  6. 6. BHTのBHT IME対応済みシステムプログラムをダウンロードし、更新してください。

    BHTのシステムプログラムダウンロードと更新手順
  7. 7. 弊社QBdirectのダウンロードコーナーから、BHT IME用辞書ファイルをダウンロードしてください。

    BHT IME辞書ファイルのダウンロード
  8. 8. BHT IME辞書ファイルをBHT本体にダウンロードしてください。
    BHTのシステムメニューを起動し、[2:DOWNLOAD]を選択してダウンロードしてください。
    これで、BHT IMEを試用可能となります。 既にBHT IMEをご購入いただいている場合、8.へ進んでください。 ライセンスを登録せず試用する場合、11.へ進んでください。
  9. 9. BHT IMEマニュアルにしたがって、ライセンス登録画面を参照し、「プロダクトID」を確認してください。
  10. 10. 弊社Webサイトで、ライセンス証書に記載のアクセスコードと前述のプロダクトIDを使用して、プロダクトキーを発行申請してください。プロダクトキーは、数日以内にメールで送付されます。

    プロダクトキー発行申請
  11. 11. 送付されたプロダクトキーを、ライセンス登録画面で登録してください。
  12. 12. BHT IMEマニュアルにしたがって、BHT IMEを使用してください。
    プロダクトキーが未登録の場合は、試用版として使用可能です。試用版の制限事項については、BHT IMEマニュアルを参照してください。

お問合せ

QBdirect