技術情報

BHT-BASIC4.0転送ユーティリティDLLパックの導入について

以下の手順に従って、導入してください。

用意するもの

導入手順

  1. 1. QBdirectに登録し、ログインしてください。
  2. 2. 既に製品をご購入いただいているお客様は、ライセンス証書に記載の製品シリアル番号を登録してください。

    シリアル番号登録
  3. 3. ソフトウェアをダウンロードしてください。

    BHT-BASIC4.0転送ユーティリティDLLパック ダウンロード
  4. 4. ダウンロードされた圧縮ファイルを解凍してください。
  5. 5. 解凍された「BHT-BASIC4.0転送ユーティリティDLL版ユーザーズガイド」(BHT-BASIC4.0_Transfer_Utility_DLL_Users_Guide_J.pdf)を開いてください。
    「BHT-BASIC4.0転送ユーティリティDLL版ユーザーズガイド」は、「JPN\Reference」フォルダに含まれます。
  6. 6. 前述のユーザーズガイドの「3.1 準備」にしたがって、必要なファイルを、DLLを呼び出すアプリケーションの開発環境にコピーしてください。インストーラはありません。
    これで、BHT-BASIC4.0転送ユーティリティDLLパックを試用可能となります。 試用版で十分評価し、ご利用環境で問題なく使用できることを確認してください。
    既にライセンスをご購入いただいている場合、次項へ進んで、ライセンスを登録してください。
  7. 7. 前述のユーザーズガイドの「2.4 ライセンスの登録について」にしたがって、ライセンスを登録してください。 お持ちのライセンス証書に、「アクセスコード」が記載されているか、「プロダクトキー」が記載されているか、によって、ライセンス登録方法が異なりますので、注意してください。

お問合せ

QBdirect