SQRC®
ひとつのコードに「公開」と「非公開」の 2種類のデータを格納
  • 特長
  • 利用方法

ひとつのコードに「公開データ」と「非公開データ」を持つこと ができるQRコードです。非公開データは暗号キーを持った専用リーダのみ読み取りができ、データの保護が可能です。 また、見た目はQRコードと区別がつかないため「偽造・改ざん」を防止できます。

「SQRC」と「QRコード」との違い

従来のQRコードだと…

省スペース・大容量で便利なQRコード。しかし、機械の種類に関わらず、スキャンしたコードからは同じ情報が読み取れるため、個人情報や機密情報も一緒に表示されてしまい、セキュリティ面で不安があります。

⇒どのような機器でもコードの情報がまる見え

SQRCなら

暗号キーにより、コード情報に公開・非公開の設定ができ、機械の種類によって読み取れる情報を制限できるため、特定の人だけが必要な情報を得ることが可能です。

また、データの暗号化や複合化の必要もありません。

⇒特定の人、特定の機器でのみ非公開部分表示可能
⇒特別なデータの暗号化・複合化ソフト不要
⇒非公開情報の存在も分からない

活用シーン

			イベント・アミューズメント施設などで			

イベント・アミューズメント施設などで

偽造・改ざんを防止できる

入院病棟などで

個人情報の保護・管理ができる

企業間の納品伝票として

2つの情報領域を社内外で使い分けられる

導入事例

			モバイルチケットの取得			

モバイルチケットの取得

携帯電話・PC から Web でチケット購入 モバイルチケットを選択するとチケットが携帯電話へ配信される

モバイルチケットでの入場

会場で SQRC をリーダで読み取り入場手続きを行う

導入方法・手順

  • Q-revoサービスを利用しSQRCを生成

  • SQRCmakerを利用しSQRCを生成

関連製品

お問合せ

QBdirect