CSRマネジメント

  • CSRの考え方
  • デンソーグループ企業行動宣言
  • デンソーグループ社員行動指針
  • コーポレートガバナンス
  • リスクマネジメント

CSRの考え方

デンソーウェーブにとってのCSR

デンソーウェーブは、デンソーグループの一員として、創業時の志を原点にしながら、「新しい価値の創造を通じて世界の人々の幸福に貢献する」ことを使命として事業活動に取り組んでいます。

私たちの事業活動はお客様、株主様、取引先様、社員、地域社会・国際社会など多くのステークホルダーに支えられて成り立っています。私たちの使命を果たすには、ステークホルダーの方々の期待に応え、価値観を共有して協力・連携していくことが大切であり、そのためには正しい企業行動に裏打ちされた深い信頼関係を築き上げることが不可欠です。

そこで、私たちは、2006年にCSR方針として「デンソーグループ企業行動宣言」を策定し、経営の中核にCSRを位置付けて、ステークホルダーの方々との信頼関係の基盤となる活動と、その基盤の上で、共感、満足を感じていただく取組みを行っています。

CSRのフレームワーク

/fsys/ja/about/csr/management/sample.png

デンソーグループ企業行動宣言

私たち、株式会社デンソー及びそのグループ会社は、各国・地域での誠実な企業行動を通じて、社会の持続的な発展に率先して貢献します。

私たちは、この方針の趣旨が取引先様に指示され、行動に繋がることを期待します。

  • 各国、地域の文化、歴史を尊重して、経営トップのリーダーシップのもと、人を大切にする誠実な経営に努め、ステークホルダーに信頼される企業行動を実践します。
  • 法令とその精神を順守して倫理的行動に努めるとともに、オープンでフェアな情報開示と対話に努めます。
  • 変化を先取りして、新しい価値の創造にチャレンジします。そして、現地現物を重視しカイゼンに努めて最高の品質を実現します。
  • コミュニケーション、チームワークを大切にして、人材の育成に努めます。
  • お客様への責任

    私たちは、お客様に信頼され満足していただけるよう、新しい価値の創造に努めます。

    • お客様第一の精神のもと、お客様の期待に応えるよう、優れた技術を追求して、魅力に溢れかつ安全・高品質の商品とサービスを開発し提供します。
    • 知的財産を適正に取り扱うとともに、お客様をはじめ事業活動にかかわる人々の個人情報保護に努めます。
  • 社員への責任

    私たちは、社員を大切にして、個々人が生き生きとして働けるよう努めます。

    • 安全で働きやすい職場環境の維持・向上に取り組みます。
    • 社員との誠実な対話と協議を通じて、「相互信頼・相互責任」の価値観を構築し、ともに分かち合います。
    • 多様な人材が活躍できるよう、差別のない公正な労働条件と機会を提供します。また、人権を尊重し、強制労働・児童労働のない事業活動に努めます。
  • 株主様への責任

    私たちは、企業価値の向上に努めるとともに、対話を大切にします。

    • 長期安定的な成長を通じ企業価値の向上をめざします。
    • 事業・財務情報の適時かつ適正な開示と対話を通じて、経営の透明性を高めます。
  • 取引先様への責任

    私たちは、自由・公正・透明な取引に努めます。

    • 国内外に広く門戸を開き、取引のあらゆるプロセスにおいてフェアであることを徹底します。
    • 仕入先様をはじめとする取引先様を対等のパートナーとして尊重し、信頼関係を築き上げて、相互発展をめざします。

国際社会・地域社会への責任

私たちは、社会との調和ある成長を目指して、企業行動全般にわたり、環境保全、安心・安全の向上に率先して努めます。

  • 地球温暖化防止、生物多様性の保全および交通安全など社会と経済の両立に貢献するよう、技術開発、工場運営、並びに社員一人ひとりの行動にわたり取り組みます。
  • 私たちは、社会との共生を目指して、事業活動を行うあらゆる地域で社会貢献活動に努めます。
  • 地域のより良い未来づくりのため、社会の共感を得られる活動を独自に又はパートナーと協力して取り組みます。
  • 私たちは、各国の競争法を順守し、健全かつ公正な事業活動に努めます。
  • カルテルなどの競争法違反行為に関与せず、自由かつ公正な競争に努めます。
  • 癒着や贈収賄をおこなわず、行政府諸機関と公正な関係を維持するよう努めます。

※連結マネジメント対象会社、及びデンソーが筆頭株主の会社

デンソーグループ社員行動指針

基本的な考え方

すべてのステークホルダーに信頼され、その期待に応える企業行動の主役になるのは社員一人ひとりです。そこで、「デンソーグループ企業行動宣言」を社員の行動として具体化した「デンソーグループ社員行動指針」を制定しました。社員一人ひとりが社会に果たす役割を常に意識・行動するよう、指針の浸透を図っています。

/fsys/ja/about/csr/management/manage.jpg

コンプライアンス

基本的な考え方

デンソーウェーブは、社会から信頼・共感されるための基盤は、法令順守はもちろん、社員一人ひとりが高い倫理観を持って公正・誠実に行動することにあると考えています。
この認識のもと、「デンソーグループ企業行動宣言」を社員の行動として2006年に制定された社員一人ひとりの行動規範を明示した「デンソーグループ社員行動指針」を全社員に配布、階層別教育等を通じてCSRの意識啓発に努めています。

具体的な取り組み

  • 1)教育・啓発

    デンソーウェーブは、社員一人ひとりの意識向上を目的に、社員に対する各種教育・啓発活動を継続的に実施しています。
    例えば、以下のようなコンプライアンスに関する社員教育、啓発活動を実施しています。

    ◎主な社員啓発活動
    ・階層別教育 (新入社員教育等)
    ・パソコン保有者を対象としたe-ラーニング教育
    ・「企業倫理月間」(毎年10月) 他

  • 2)内部通報制度

    デンソーウェーブでは、業務上の法令違反行為等に関し、E-mail、電話、書面、面談などで通報、相談できる「企業倫理ホットライン制度」を設けています。

コーポレートガバナンス

基本的な考え方

デンソーウェーブは、長期的な企業業績の維持向上を図るため、競争力強化に向け、コーポレートガバナンスの確立を重要課題と認識し、ガバナンスの強化に取り組んでいます。

ガバナンス体制と主な機関

デンソーウェーブでは、会社の機関として株主総会・取締役会・監査役などの法律上の機能に加え、様々なガバナンスの仕組みを整備しています。
また、経営(意思決定・監督)を担当する取締役と、業務の執行を担当する執行役員の役割を区分・明確化する役員制度により、取締役数をスリム化し、スピーディな意思決定とオペレーションを実現しています。経営環境の変化に対応した機動的な経営体制の構築、事業年度における経営責任の一層の明確化を目的に、取締役任期を1年としています。

コーポレートガバナンス体制

/fsys/ja/about/csr/management/sample02.png
  • 取締役会

    決議機関として、経営方針ならびに業務運営上の重要事項について会社としての可否を決定しています。 決議は取締役の過半数が出席し、出席取締役の過半数をもって行います。

  • 経営役員会

    審議機関として、取締役会決議事項をはじめとする経営全般に関わる重要事項(全社の事業計画・投資案件・重要な取引形態や協業案件・その他経営に関わる重要事項)を審議し、会社としての方向付けを行います。審議結果は取締役会規則に則り取締役会に報告して最終決議を実施します。

  • 経営の監査機能

    監査役が取締役などの職務執行とデンソーウェーブおよび子会社の業務・財政状況を監査しています。
    監査役は、取締役会をはじめとする重要な会議に出席するほか、内部監査部門・内部統制の関連部署との情報交換などにより、取締役の執行状況を監査し、経営監視機能を果たしています。

  • 内部統制の整備・強化

    公正かつ効率的な業務運営をめざし、「内部統制に関する基本方針」を策定しています。

    内部統制に関する基本方針 PDF

リスクマネジメント

基本的な考え方

デンソーウェーブでは、事業拡大に伴い多様化するリスクを最小化すべく、内部統制の一環としてリスク管理の充実・強化に取り組んでいます。

推進体制

生命・信用・事業活動・財産に関し発生頻度と影響度からリスク項目を選定。それぞれに対し、主管部署を明確にし、未然防止、初動・復旧対策の強化に取り組んでいます。

具体的な取り組み

  • 1)リスク管理に対する社員への浸透・啓発

    リスク発生の未然防止とリスク発生時の被害の最小化には、社員が日頃から、いかにリスクを意識し、かつリスク発生時に適切な行動がとれるかが重要なため、「リスク管理ハンドブック」を策定し、社員に展開しています。

  • 2)震災リスク対応の強化(事業継続計画の策定)

    事業継続マネジメントの観点から震災リスク対応策の強化(事業継続計画「BCP」の策定)に着手。BCPの対象を次のように捉え、有事行動マニュアルの策定や減災対応のやりきりに取り組んでいます。
    また「人命第一」の考え方から、社員および社員の家族も組み入れた浸透・啓発活動など(初動対応訓練、「安否確認システム」訓練など)を展開しています。

※BCP:Business Continuity Plan
地震等の大規模災害により事業が中断した場合に、目標とする時間内に事業復旧を図り、経営被害を最小化するための計画。

  • CSRの考え方
  • デンソーグループ企業行動宣言
  • デンソーグループ社員行動指針
  • コーポレートガバナンス
  • リスクマネジメント