DENSO DENSO WAVE

Close

デンソーウェーブ、NECグループと兵庫県宝塚市による窓口申請のデジタル化に向けた実証実験に非公開情報を搭載できるQRコード「SQRC」を提供

2020.06.18

〜個人情報表示を制限するQRコードと「3密回避・非接触」窓口申請で
新型コロナウイルス感染症対策に貢献〜

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:中川弘靖)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野隆、以下NEC)とNECソリューションイノベータ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 執行役員社長:杉山清)が、兵庫県宝塚市(1)の行政サービスにおける新型コロナウイルス感染防止対策を目的として実施する窓口申請のデジタル化に向けた実証実験において、個人情報などの秘匿情報を非公開にして搭載できるQRコード®(2)SQRC®(2)」を提供します。本実証実験では、NECソリューションイノベータの「NEC 窓口改善ソリューション(3)」を用いて、各種届出書をスマートフォン等とSQRCでデジタル化し、窓口の混雑を防止するとともに「書かない」「触らない」衛生的な窓口申請の仕組みに貢献します

 

SQRCSQRCは、情報を公開エリア・非公開エリアに区別してコード化できる進化したQRコードです。非公開エリアの情報は特殊設定をした専用リーダーでのみ読み取りが可能で、スマートフォン等で個人情報を読み取られるリスクを回避します。現在では電子チケットや金融機関などで導入が進んでいます。

 

昨今の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、自治体庁舎への来庁者や職員の感染防止策が喫緊の課題とされています。特に、住民異動など一部の届出は法律で自治体窓口での手続きが義務付けられており、窓口の混雑緩和や申請書の記載台の利用において感染リスクを低減する対策が求められています。

 

今回の実証実験では、転入・転出・転居の住民異動と住民票の写しの発行業務を対象に窓口申請デジタル化の効果を確認します。具体的には、来庁者は事前にスマートフォン等で専用のWebサイト(4)にアクセスして届出内容を入力すると、システムが申請情報を変換してSQRCを作成します。来庁時にSQRCを持参すると窓口の職員がこのコードを読み取り、来庁者は発行された帳票で申請内容を確認することで受付が完了します。 これにより、庁内での滞在時間や記載台に触る機会の削減ができるため、飛沫感染や接触感染などのリスクの低減につなげ、衛生面に配慮した新しい窓口申請の仕組みづくりに貢献します。

 

SQRCについて 詳しくはこちら



 

デンソーウェーブはこれからも、自社で培った技術を活用し、社会の課題解決に貢献してまいります。

参考資料

【兵庫県宝塚市 専用WEBサイト】
  http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kurashi/madoguchi/1038375.html


  1. 1.宝塚市の「塚」は点のある字が正式表記です。
  2. 2.QRコード、SQRCは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  3. 3.NECソリューションイノベータが提供する「NEC 窓口改善ソリューション」について 詳しくはこちら
  4. 4.通信自体も暗号化されたセキュアなクラウド上のWEBサイト。入力されたデータをSQRC化した後は個人情報が残らない仕組みとなっており、安心してご利用いただけます。https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/pow/cont.htm

お問合せ

QBdirect

まだ会員に登録されていない方

本会員専用サイトにおけるサービスは、会員登録していただいた上でのみご利用いただけます。

新規会員登録