産業用ロボット

水平多関節ロボットHSRシリーズ 新商品

水平多関節(スカラ)ロボット

この製品についてのお問い合わせ

水平多関節ロボット:HSRシリーズ

「本物の高速性」-HSRが実現した究極の基本性能-
水平多関節ロボット動画

製品情報を印刷する

HSRが実現した究極の基本性能-「本物の高速性」

ロボットの性能は、カタログ値で読み切れないことがあります。サイクルタイム内に収まるのか、本当に動かし続けられるのか、
判断できない時があります。そうした課題を解決するために‐

  • 速く動き始める。
  • 速く動き続ける。
  • 正確に止まる。

この基本性能を極限まで追求し、「本物の高速性」を実現した、新型高速スカラロボット、それが、HSRシリーズです。


「本物の高速性」を実現した3つの技術的アプローチとは?

Technical Approach1:


軽量化

モータ配置などを抜本的に見直し、アーム先端の軽量化を最大限に実現。同時に、放熱性を向上させ、長時間の連続性も実現しました。

Technical Approach2:


剛性強化

アーム各部に様々な工夫を施し、剛性を最大限に強化しました。

Technical Approach3:


機械設計とサーボ制御の連動

長年、ロボットを内製してきた当社独自のノウハウにより、機械設計と制御を高次元で連携。アーム先端の制振に効果を発揮します。