ここでは、工程管理で活用できるソリューションや改善事例を紹介しています。

導入前の課題

  • ・生産進捗状況の把握に時間を要し、正確な納期回答ができませんでした。
  • ・作業報告書に手書き記入していたため、パソコンに入力する手間がかかりました。
  • ・材料を一括発注していたため、在庫スペースが膨らんでいました。

導入イメージ


作業開始前に作業指示書のQRコードを読み取ります。 読み取った情報を工程管理サーバへ、リアルタイムでアップロード。

導入効果

  • ・機種毎の詳細なリードタイムと作業工数が明確になり、進捗状況が逐一把握できるため、正確な納期回答が可能になりました。
  • ・正確な作業履歴が残せるため、トレーサビリティ管理が実現でき、不具合発生時に迅速な対応が可能になりました。
  • ・必要な時期に必要な数だけ発注が可能となり、適正在庫を保つことができました。

2次元コードハンディターミナル(小型・軽量モデル)

BHT-1300Q

2次元コードハンディターミナル(ハイスペック・グローバルモデル)

BHT-1200Q

2次元コードハンディターミナル(大画面モデル)

BHT-600Q

2次元コードスキャナ(ワイヤレスモデル)

SE1-QB