入退室管理システム
信頼と実績、安心安全高品質
パッケージ製品名:DACS
  • 特長
  • ソフトウェア

 シンプルなネットワーク構成と高い拡張性

サーバから各扉(リーダ)まではイーサーネットさえあれば接続することができますので、増設や移設にも柔軟に対応できます。また離れた拠点の扉(リーダ)もWAN等で接続すれば入退室管理サーバ1台で集中管理することが可能です。

 扉の遠隔制御

扉はサーバと接続したコントローラによって制御します。サーバまたはクライアントからは各扉の遠隔施解錠ができます。また各扉ごとに施錠/解錠をスケジュールによって制御することもできます。

 業務に影響のでない障害対策

サーバ、コントローラ間の障害時でもコントローラ側で入退室権限のリストを保持しているため入退室に影響が発生しません。また、各コントローラは入退室履歴を保持していますので、ネットワークの復旧時にはサーバ側へ入退室履歴を送ることにより履歴を失うことがありません。

ソフトウェア基本機能

 扉監視・遠隔制御機能

カードリーダと扉の状態を常時監視します。遠隔で扉の施解錠 (1回解錠・連続解錠・カード停止・解除)、警戒設定、非常解錠等の制御をします。

 許可者情報登録

扉ごとに許可者情報を登録することにより、部外者の侵入を未然に防ぎます。

 履歴管理機能

入退室履歴及び異常履歴の履歴を日付や扉名称、IDなど条件別とソート機能を利用し欲しい情報の検索が可能です。また検索した履歴をCSVファイルとして出力が可能です。

 カレンダ・スケジュール機能

スケジュールを登録しておくことで、個人毎に入退室の有効時間帯を設定することが可能です。また、扉毎にICカードの有効時間帯や強制解除等の設定が可能です。

ソフトウェアオプション機能

 アンチパスバック機能

入室履歴がないと、退室時に認証NGとなり退室ができない仕組みです。(制限する方向は設定可能) 共連れを防止することでセキュリティが向上し、且つ正確な入退室履歴を管理することができます。

 在室管理機能

入退室を管理することで、在室人数のリアルタイムでの把握が可能です。危険区域内の滞在時間管理、有事の際の在室人数把握が可能です。

関連製品

お問合せ

QBdirect