スマートフォンに表示されたQRコード・バーコードに加え非接触ICカードにも対応 クラス最薄を実現したコンパクトなスキャナを発売

[ 2014.09.03 ]

スマートフォンに表示されたQRコード・バーコードに加え非接触ICカードにも対応

クラス最薄を実現したコンパクトなスキャナを発売


QK30-IC

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、 社長:柵木充彦)はスマートフォンなどの画面に表示されたQRコード※1・バーコードに加え、非接触ICカードのスムーズな読み取りが可能なクラス最薄※2のハイブリッドスキャナ「QK30-IC」を2014年11月に発売します。本体のメーカ希望小売価格はオープン価格です。


近年、紙チケットの代替としてQRコード・バーコードスマートフォンなどに配信するケースや非接触ICカードを会員証に使用してCRM(顧客管理)を行うケースが増えています。

今回開発したQK30-ICは、例えばテーマパークにおいて、紙チケットやスマートフォンの画面に表示したワンタイムパスポート用のQRコードに加え、ICカードを使用した年間パスポートも読み取ることが可能なため、スマートな運用が可能です。また、組み込みタイプもあるため、マルチメディア端末や入場ゲートなどに組み込むこともできます。

非接触ICカードの読み取りは、FeliCa®※3、MIFARE®※4、ISO/IEC14443-1~3TypeA/B等に1台で対応しており、さらにICカードとQRコード、バーコードの読み取り部を共有化することで優れた操作性と小型化も実現しました。

尚、QK30-ICは2014年9月10~12日 東京ビッグサイトにて開催される「第16回自動認識総合展」に出展予定です。


QK30シリーズの主な特長

1.各種非接触ICカード読み取りに対応
FeliCa、MIFARE、ISO/IEC14443-1~3TypeA/B等に1台で対応しました。消費電力の大きいTypeBカード(住基ネット仕様カード等)との通信もコンパクトサイズで実現しました。


2.大画面スマートフォンのモバイルコード読み取りに対応
自社開発のワイドスキャンエンジンにより、5インチ液晶画面のスマートフォンにも対応しました。近年増加する大画面スマートフォンに表示されたコードもストレスなく読み取ることが可能です。さらに、紙に印刷された細かいバーコードもスムーズに読み取ります。


3.用途に応じて選択可能なラインナップ
据え置きモデル、組み込みモデル2機種をラインナップしました。店頭レジカウンターや受付窓口に設置、マルチメディア端末や入場ゲートへの組み込みなど、様々なシーンで幅広くお使いいただけます。


4.コンパクト設計
従来モデルに比べて50%以下の薄さでクラス最薄を実現し、組み込みやすさをさらに向上させました。


5.スタイリッシュデザイン
タブレットなどのスマートデバイスとセットでの運用を考え、シンプルかつコンパクトな先進のデザインを追求しました。さらに、読み取り結果が視認できる表示LEDの位置にもこだわり、見やすさとデザイン性の両立を図りました。


6.優れた耐環境性能
実運用に即した-5~50℃の動作温度環境範囲、及び保護等級はIPX2(据え置きタイプのみ)を実現しました。


7.メンテナンス性の向上
組み込みモデルにおいては、メンテナンス性を向上させる為、ケーブルの脱着が可能な仕様を採用しました。万が一の機器の故障にも、交換がし易い設計にしております。

8.簡単設定
QRコードの設定は、面倒な初期設定を簡単に行うことが出来る設定ソフト(無償)を用意し、導入時の工数を削減できます。
  1. QRコードは当社の登録商標です。
  2. 類似機能を持つ他社製品との比較において。2014年2月当社調べ。
  3. [FeliCa] ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式で、ソニー株式会社の登録商標です。
  4. [MIFARE] NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。



◇販売に関するお問合せ先
株式会社デンソーウェーブ カスタマーサービス部 AUTO-IDエンジニアリング室  フリーダイヤル Tel:0120-585-271 
受付時間  9:10~12:00 13:00~17:30(土日・祝日を除く)