新型スカラロボット『HS-A1シリーズ』を発売

[ 2017.03.13 ]

新型スカラロボット『HS-A1シリーズ』を発売


株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:中川 弘靖)はこのたび、新型スカラロボット『HS-A1シリーズ』を、2017年5月から発売します。今回発売する『HS-A1シリーズ』は、従来機種の「HSシリーズ」の特長を継承し、更なる速度・精度向上を実現したモデルになります。 x

新型スカラロボット『HS-A1シリーズ』の特長

  1. 速度向上
    新型コントローラRC8A採用によりモータの性能を最大限に引き出し、標準サイクルタイムを0.29秒(1)まで向上させています。(従来比20%向上)
  2. 精度向上
    アームの状態を動的に制御に反映することにより、アーム先端を短時間で制振させ、高速搬送時の精度が向上します。
  3. 豊富なバリエーション
    従来機種と同様に、天吊タイプ・防塵防滴タイプ・クリーンタイプ・UL仕様をラインナップしています。 更に、「HS-A1シリーズ」はZ軸ストローク100mm・150mmを追加し、様々な設置環境での自動化を実現します。


デンソーウェーブは、今後も市場のニーズに対応した商品をそろえ、新シリーズを生産現場へ提案し、お客さまサポートを強化し、生産性の向上へ寄与していきます。

  1. 負荷2kg時、ロボットで高さ25mmまで物を持ち上げ、300mm離れた2点間を往復させるのに必要な時間です。