ここでは、生産管理で活用できるソリューションや改善事例を紹介しています。

導入前の課題

  • ・ピッキングミス、異品欠品が起こり、品質の維持管理に工数がかかっていました。

導入イメージ


部品ピッキングの際に指示書のQRコードと棚ラベルのQRコードを照合します。 組立工程において、生産指示書のQRコードと製品ラベルのQRコードを照合します。

倉庫への格納の際、生産指示書のQRコードを読み取り、入庫情報を収集します。 出荷の際は、QRコードを読み取り出荷管理。

導入効果

  • ・各生産工程での照合確認によりミスが低減。
  • ・トレーサビリティを実現。
  • ・作業者の経験に頼らない確実な生産管理システムを構築。

2次元コードハンディターミナル(スタンダードモデル)

BHT-1300Q

2次元コードハンディスキャナ

GT10Q

固定式2次元コードスキャナ

QD25