ここでは、入荷検品に活用できるソリューションや改善事例を紹介しています。

入荷検品での問題点

  • ・入荷リストと現物の目視チェックの為、作業時間がかかっていました。
  • ・類似品の見分けが目視だけではつきにくく、ミスが発生していました。

入荷検品の流れ

納品書のバーコードを読み取ります。

入荷予定リストをハンディターミナルへ取得します。

入荷した商品のコードを読み取り、入荷予定データと照合します。

納品書のバーコードを読み取ります。

入荷予定リストをハンディターミナルへ取得します。

入荷した商品のコードを読み取り、入荷予定データと照合します。

導入効果

  • ・バーコード読み取り作業だけなので、作業時間が大幅に短縮しました。
  • ・見た目が似ている類似品も、簡単に識別でき正確な検品を実現しました。

バーコードハンディターミナル(小型・軽量モデル)

BHT-1300B

バーコードハンディターミナル(大画面モデル)

BHT-600B