ここでは、調剤時に活用できるソリューションや改善事例を紹介しています。

導入前の課題

  • ・紙の指示書とそれに基づく目視での薬品ピッキングで、調剤ミスが発生する危険がありました。
  • ・人の目による慎重なチェックが必要なため、作業に多くの時間がかかっていました。

導入イメージ

調剤指示書のQRコードをスキャンします。 サーバーから調剤指示を受信します。 調剤現品のRSSコードを読み取り、データ照合します。

導入効果

  • ・データ照合による調剤ミスの防止。
  • ・作業時間の削減
  • ・ディスプレイ上の薬品画像の目視確認による、調剤ミス防止のダブルチェックが可能

バーコードハンディターミナル(小型・軽量モデル)

BHT-1300Q

バーコードハンディターミナル(小型・軽量モデル)

BHT-1300B