時間短縮での改善ポイント

ここでは、時間短縮で活用できるソリューションや改善事例を紹介しています。

商品に付いたバーコードを一つずつ読み取っていたため、たくさんの商品をご購入いただいたお客様をお待たせしてしまいました。

レジ台に商品を置くだけでレジ入力が完了するので、複数アイテム購入の方への対応時間を約1/10に抑制できました。

特設売店や移動販売での物品の販売の際、現金の受け渡しで処理に時間がかかっていました。

特設売店や移動販売でも電子マネー決済が可能になり、お客様1人当たりの処理時間を大幅に削減できました。

出荷指示書と現物の確認が目視によっていた為、作業時間が長くかかっていました。

従来の目視確認からデータ照合に変わった事により、作業時間が短縮できました。

店頭欠品中の商品問い合わせの際、バックヤードまで行き、確認していた為、お客様をお待たせしていました。

バックヤードに行くことなく、在庫の有無をその場でお客様に回答できました。

入荷リストと現物の目視チェックの為、作業時間がかかっていました。

入荷リストと現物のバーコード読み取り作業だけのため、作業時間が大幅に短縮しました。

紙の手書きデータで作業履歴を残していた為、お問い合せ時の対応が遅くなっていました。

正確な作業履歴が残せる為、トレーサビリティ管理が実現でき、不具合発生時に迅速な対応ができました。

検査データを受診票に手書き記入していた為、ホストシステムにデータ入力するのに時間がかかりました。

データをリアルタイムでサーバへ送信することで、データ入力作業が大幅に削減できました。

人の目による確認で、確実を期す為の慎重なチェックが必要な為、作業に時間を要していました。

データ照合により、調剤ミスの防止にかかる作業時間を削減できました。