ICカードを利用した「勤怠管理クラウドサービス」を販売開始

[ 2010.06.29 ]

株式会社デンソーウェーブ(本社:東京都港区、 社長:杉英邦)は、従来より販売してきたサーバ設置型の勤怠管理システムを、毎月の利用料を支払うことで導入できる「勤怠管理クラウドサービス」注1として2010年9月より販売します。

近年、勤怠管理システム導入へのニーズは高まってきておりますが、導入の際のサーバ購入やシステム構築費等の初期投資費用が課題となり、大手企業以 外は中々導入が進んでおりませんでした。また、サーバの保守メンテナンスや更新作業も専任のシステム管理者が必要となり、中小企業での導入にあたって、 ハードルとなっていました。

今回リリースする「勤怠管理クラウドサービス」はサーバを社外のデータセンターに置いて管理・運営するため、サーバ購入などの費用が不要で、安価に導入できます。また、保守メンテナンスに携わる必要はなく、専任のシステム管理者も不要となります。

この勤怠管理システムは 三井造船システム技研(株)様の「TIME-3」をベースに、よりお客様に使い易くアレンジしたアプリケーションソフトを搭載しており、勤務実績データも1年蓄積可能なため、安心してお使い頂けます。

毎月の利用料金は200人以下規模の契約の場合は500円/人/月(打刻端末込の場合700円/人/月)、200人以上規模の契約の場合は400円/人/月(打刻端末込の場合600円/人/月)の予定です。

なお、「勤怠管理クラウドサービス」については7月7日~7月9日東京ビッグサイトにて開催される「第5 回オフィスセキュリティEXPO」(デンソー東京、デンソー、デンソーウェーブの共同ブース)に展示予定です。この展示会には勤怠管理以外に食堂キャッシュレスやセキュリティシステムも展示予定です。



<>


注1:[クラウドサービス] クラウドサービスとは「ユーザーがインターネットの向こう側からサービスを受け、使用したサービスの利用料金を支払う」形態のサービス。ユーザーが用意す べきものは最低限の接続環境(パーソナルコンピュータや携帯情報端末などのクライアント、その上で動くブラウザ、インターネット接続環境など)のみ。

◇販売に関するお問合せ先

株式会社デンソーウェーブ 営業本部 ソリューション部 Tel:0569-49-5080