デンソーウェーブ、電気自動車/プラグインハイブリッド車用の充電スタンドで13年度グッドデザイン賞受賞

[ 2013.10.04 ]

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木充彦)は、株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:加藤 宣明)とデンソーテクノ株式会社(本社:愛知県大府市、社長:杉浦 健悟)と共同で、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2013年度グッドデザイン賞の「生活領域の移動機器・設備」分類において、当社が開発した家庭用電気自動車充電スタンド [バイディー(bi-D)]が入賞した事をお知らせします。



【製品概要】
家庭用の電気自動車/プラグインハイブリッド車用の充電スタンドで、非常時には、車から電気を供給するコンセントを内蔵し、電化製品を使用することが可能です。


【受賞の理由】
筐体の外にコードホルダーを備えることで、操作性を損なうことなく散乱しがちな充電ケーブルのつまづき防止策を施している点と、 非常時に電気自動車/プラグインハイブリッド車から電力を取り出せるコンセントを内蔵しながら家庭に設置し易いコンパクトサイズを実現した点が評価されました。


【受賞製品】

電気自動車/プラグインハイブリッド車用の充電スタンド V2L充電スタンド
詳しくはこちら


グッドデザイン賞とは>
公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。「優れたデザイン」を選ぶことにより「生活と産業活動を推し進めていく」という役割を持ち、50年以上の歴史の中でこれまでに積み上げられてきたグッドデザイン賞は38,000点に及びます。