新型ハンディスキャナ「AT20Qシリーズ」を発売

[ 2012.06.18 ]

操作性を徹底追求し、クラス最軽量の小型ボディを実現した
新型ハンディスキャナ「AT20Qシリーズ」を発売
~POSレジでの二次元コード読み取りニーズに対応し、
且つバーコード360度読み取りで会計業務の効率化を実現~



株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木充彦)は、情報端末に接続し、二次元コードとバーコードを読み取るハンディスキャナ「AT20Qシリーズ」を2012年8月1日に発売します。

今回発売するAT20Qシリーズは、店舗のPOSレジなどに接続して使用するもので、バーコードだけでなく、携帯電話に表示されたQRコード会員証やクーポンの読み取りなど、今後増加が見込まれている二次元コードの読み取りにも対応しています。また、バーコードについても、コードの向きを意識することなくどの方向からでも読み取りが可能なため、より効率的にコードが読み取れるようになりました。更に、汚れやかすれのあるコードの読み取り性能を向上させたことに加え、同じ用途の当社製従来スキャナでは読み取ることが難しかった高密度なコードや幅の広いバーコードの読み取りを強化し、より幅広い活用が可能になりました。

また、AT20Qシリーズは小型軽量化も実現しており、ボディは同クラスのハンディスキャナの中で最軽量*を実現し、サイズについても同最小レベル*となっています。耐久性についても、クラス最高レベル*の2.0m落下耐久を実現しました。

なお、このハンディスキャナは店舗のPOSレジ以外にも、医療現場であれば医薬品管理や投薬管理、製造業であれば製造工程管理や段取り替えなど、幅広い業界・用途で使用することができます。本体のメーカ希望小売価格はオープン価格で、接続する情報端末のデザインに合わせるため、白(AT20Q-SM)と黒(AT21Q-SM)の2種類があり、国内と海外合わせ年間約2万台を販売する計画です。

このAT20Qシリーズは、9月12日~9月14日 東京ビックサイトにて開催される「第14回自動認識総合展」の当社ブースに出品予定です。また、2012年6月22日 チサンホテル 新大阪にて開催いたします、弊社主催「第2回 ハンディーターミナルBHTシリーズ用パッケージソフト展示会」におきましても展示いたしますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。


*2012年5月時点、当社調べ。



<AT20Qシリーズの主な特長>

1.優れた読み取り性能
読み取りエンジンを新規開発し、手振れに左右されない高速読み取りを実現。バーコードの向きを気にせず、360度どこからでもラクにバーコードの読み取りができるよう、操作性を向上しました。更に、携帯電話に表示されたQRコードや公共料金収納払込票等に印字されている幅の広いバーコードの読み取りにも対応しました。

2.コンパクトなボディ
誰もが握りやすいラウンディッシュかつコンパクトな110gの業界最軽量ボディを実現。長時間運用の疲れを低減することができます。また、本体色は白・黒の2モデルを用意し用途に合わせて選択できます。

3.見やすいLEDマーカ
読み取り視野の中心を明示するLEDマーカを搭載。複数個コードが並んでいる場合でも、狙ったコードを確実に読み取るポイントスキャンモードといった読み取り機能も搭載しています。

4.優れた耐環境性能
実運用に即した2.0mからコンクリート上への落下耐久、及び保護構造IP42を実現しました。

5.抗菌仕様ボディ
本体・エラストマ・トリガは抗菌仕様となっていますので、医療現場や食品工場などでも安心してご利用いただけます。

6.多彩な機能
事前に登録したマスターコードと読み取ったコードの一致・不一致を判定する「照合機能」や、簡易プログラミング機能(ADFスクリプト)を搭載し、データ編集など従来上位PCで行っていた作業をAT20Q単体で実現することができ、大幅なコスト削減に繋がります。

7.導入が簡単な設定ソフト
専用設定ソフト「ScannerSetting2D」で設定用QRコードをプリンタから出力し、AT20Qで読み取れば一括設定が可能なので、導入時の工数を削減できます。


◇販売に関するお問合せ先
株式会社デンソーウェーブ カスタマーサービス部 自動認識サポート室  フリーダイヤル Tel:0120-585-271 
受付時間  9:10~12:00 13:00~17:30(土日・祝日を除く)