コンパクトなボディに最新の読み取り技術を搭載した新型バーコードハンディスキャナ新発売

[ 2011.06.29 ]

AT20B株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、社長:柵木充彦)は、バーコードハンディスキャナの新機種「AT20Bシリーズ」を2011年8月 31日から発売します。本体のメーカ希望小売価格はオープン価格で、国内と海外合わせ年間約3万台を販売する計画です。

この新型バーコードスキャナは、クラス最軽量のコンパクトなガンタイプのボディに最新の読み取りソフトを搭載し、流通、医療、製造など、さまざまな 分野での活用を想定して開発しました。流通分野では店舗のPOSレジに接続し販売管理、医療分野では医薬品管理や投薬管理、製造分野では製造工程管理や段取り替えなど、さまざまな場面で業務の効率化に貢献します。

特に今回はバーコードの読み取り性能を大幅に向上させました。小型高画素CCDラインセンサを採用した新小型エンジンにアドバンストスキャンを 搭載し、業界最高レベルの高速スキャンを実現しています。また、公共料金の振込用紙や医療材料などに印刷されている幅広バーコードの読み取り性能改善と、より遠くを読むために読み取り深度の向上を実現し、離れたところにあるバーコードでも簡単に素早く読み取ることができます。更に、主に医療業界で使用されているGS1 DataBar(RSS)注1の読み取りにも対応し、かすれや汚れのある印字状態の悪いバーコードに対しても、高い読み取り性能を備えています。

コンパクトかつスタイリッシュなボディには、衝撃ラバーの採用によりクラス最高レベルの1.8m耐落下性能を有し、保護等級IP42を実現しました。更に、本体は抗菌仕様により雑菌の繁殖による変色等を防止でき、長く清潔にお使い頂けます。色は白モデル(AT20B-SM)と黒モデル (AT21B-SM)の2種類を用意し、POSレジなどの接続先のデザインに合わせて選択することができます。

尚、AT20Bシリーズは、8月31日~9月2日 東京ビックサイトにて開催される「第13回自動認識総合展」の弊社ブースに出品予定です。


<>
注1:[GS1 DataBar]…従来の流通商品シンボル(EAN(JAN)、UPC、EAN128)に対し、省スペースを主眼として開発された新しい商品流通シンボル。RSS(Reduced Space Symbology)と呼ばれていたが2007年2月にGS1 DataBarに名称が変更された。

<AT20Bシリーズの主な特長>

1.優れた読み取り性能

アドバンストスキャンの搭載により、従来機比約2倍の高速読み取りを実現。幅広バーコードや印字品質の悪いバーコードの読み取り性能向上に加え、読み取り深度を向上したことにより、狙ったバーコードを瞬時に読み取ることができます。


2.コンパクトなボディ

誰もが握りやすいラウンディッシュかつコンパクトな105gの軽量ボディを実現。長時間運用の疲れを低減することができます。また、本体色は白・黒の2モデルを用意し用途に合わせて選択できます。


3.見やすいLEDマーカ

読み取りエリアを明示するLEDマーカを細くすることを実現し、背の低い医薬品のラベルや湾曲したラベルも狙い易く、読み取り作業の効率がアップします。


4.優れた耐環境性能

実運用に即した1.8mからコンクリート上への落下耐久、及び保護構造はIP42を実現しました。


5.抗菌仕様ボディ

本体・エラストマ・トリガは抗菌仕様となっていますので、医療現場などでも安心してご利用いただけます。


6.多彩な機能

事前に登録したマスターバーコードと読み取ったバーコードの一致・不一致を判定する「バーコード照合機能」や、ラベルを検出すると自動的に読み取りを開始する「オートセンス機能」、上位機器からのコマンドで、読み取りON/OFFができる「ソフトウェアトリガ機能」など多彩な機能を搭載しています。


6.導入が簡単な設定ソフト

専用設定ソフト「ScannerSetting」(無償)で設定用バーコードをプリンタから出力し、AT20Bで読み取れば一括設定が可能なので、導入時の工数を削減できます。


◇販売に関するお問合せ先
株式会社デンソーウェーブ 営業企画部 営業企画室2課 Tel:03-6367-9694
フリーダイヤル Tel:0120-585-271 9:10~12:00 13:00~17:30(土日・祝日を除く)