産業用ロボット 「新型VSシリーズ」が、機械工業デザイン賞を受賞しました

[ 2011.07.26 ]

「新型VSシリーズ」が、2011年 機械工業デザイン賞を受賞しました。

詳しくはこちら
【日刊工業新聞社 機械工業デザイン賞 Webページ】


株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、社長:柵木 充彦)は、昨年11月に 発売した産業用小型ロボット「新型VSシリーズ」で、機械工業デザイン賞を受賞しました。



<新型VSシリーズについて>

世界最速(*)のスピードと、世界最小幅(*)のコンパクトなアームを持ち、使いやすさが追求された産業用小型ロボットです。アームの長さが異なる4つのモデルがあり、日本国内は全国のデンソーFA販売店を通じ、海外では欧州、北米、アジアで販売しています。
年間販売台数は全世界で5,000台を見込んでいます。
(*)同クラスの産業用小型ロボットにおいて。2011年2月時点、デンソーウェーブ調べ。

製品詳細はこちら
【VS-050/060モデル】
【VS-068/087モデル】



<機械工業デザイン賞について>

機械工業デザイン賞は、日刊工業新聞社が日本の工業製品デザインの振興・発展を目的に1970年に創設した賞です。


VS-068 title=新型VSシリーズ