自動認識機器

無線BHT開発ツールHANDY-TALK

ソフトウェア

無線BHT開発ツール

メールでお問い合わせ

デモ機のお貸出しはこちら

0120-585-271

受付時間:9:10~12:00/13:00~17:30(土日・祝をのぞく)

HANDY-TALKは、無線ハンディターミナルBHTを使用して、データベース更新を支援するソフトウェアです。

製品名希望小売価格
HANDY-TALK for BHT-1300シリーズ オープン
HANDY-TALK for BHT-800シリーズ
HANDY-TALK for BHT-600シリーズ
HANDY-TALK for BHT-500シリーズ
HANDY-TALK for BHT-300シリーズ
HANDY-TALK for BHT-100シリーズ
HANDY-TALK for BHT-7508W

有限会社システムデザイン研究所製

1PCに対してサーバライセンスが1ライセンス必要です。さらに、使用するBHTの台数分のクライアントライセンスが必要です。

製品情報を印刷する

HANDY-TALKは、無線ハンディターミナルBHTを使用して、データベース更新を支援するソフトウェアです。

BHTの画面設計、入力制御の設定、データベースとのデータ処理は、設定ファイルに設定情報を登録するだけでOKです。しかも、GUIインターフェイスにより、画面から簡単に諸設定を入力することができます。

設定ファイルの設定で即運用可能

HANDY-TALKは、データベースの更新手続き、BHTの画面レイアウト、並びに入力条件を行うことで、即時にBHTを運用することを可能にします。

開発でのメリット
  • 設定ファイルを変更するだけで、運用の変更が可能
  • RAD(高速アプリケーション開発)を実現
  • 遠隔地での開発支援が可能
  • プレゼンテーション用設定ファイルの活用による営業活動の支援

設定ファイルの設定で即運用可能

画面レイアウトは簡単設定

HANDY-TALKは、GUIによるBHTの画面設定を可能にしました。

ワープロ感覚で表示したい画面のレイアウトを入力することにより、BHTの画面に表示させることができます。また、入力条件の設定により、入力ミスなどをチェックすることができます。

画面制御機能例
  • 桁数チェック
  • 自動FIX機能
  • 指定値チェック(マスク機能)
  • 累積数入力
  • 検索機能
  • 入力値演算機能
  • 再処理要求機能
  • バックライト機能
  • 文字カラー指定(BHT-500以降のシリーズに対応)
  • 背景カラー指定(BHT-500以降のシリーズに対応)
  • 画像取り込み機能呼び出し(BHT-504BWのみ、別途BHT-Photoのライセンスが必要です。)

画面レイアウトは簡単設定

柔軟なデータベース更新機能

HANDY-TALKは、複雑なデータベース更新に対応するための機能をサポートしています。

データベース接続方法

  • JETによるACCESSファイルへの接続
  • ADO接続
  • RDO(ODBC)接続
  • 0040接続(ORACLE専用)
データベースのデータ更新機能
  • SQLによるデータ更新
  • ストアードプロシージャによるデータ更新

マルチタスク処理でアクセス時間を短縮化

HANDY-TALKはBHTとのデータ通信を、マルチタスク処理でBHT各機と個別で行いますので、レスポンス時間が大幅に短縮され、作業を速やかに行うことができます。

マルチタスク処理でアクセス時間を短縮化

読み取り制御機能も充実

読み取り制御機能例
  • シンボル体系識別子の付加
  • チェックデジット有無指定
  • JAN-13アドオン付き対応
  • スキャンモード設定(BHT-300以降の2次元コードシリーズに対応)
  • SQRC設定(BHT-800以降の2次元コードシリーズに対応)

バーコードモード/多段バーコードモード/連結QRコード一括読みモード/ポイントスキャンモード

読み取り制御機能も充実

コントロールパネルによる制御

HANDY-TALKには、システム運用のための二つのコントロールパネルを用意し、現場の方でも簡単に操作できるようになっております。

子機(BHT)制御パネル
  • 子機情報を表示します。
  • 子機は最大20台まで表示することができます。
モニターパネル

データ処理のモニターを行います。主に、設定のデバッグ用に使用します。

コントロールパネルによる制御

光通信(バッチ)対応版もご用意

最新のHANDY-TALK(※)には「無線通信対応版」と「光通信(バッチ)対応版」が同梱され、どちらか一方を選択してインストールすることができます。両方利用する場合は、2ライセンス必要です。

※光通信(バッチ)対応版が同梱される製品
製品名バージョン
HANDY-TALK for BHT-1300シリーズ Ver.1.00以降
HANDY-TALK for BHT-300シリーズ Ver.1.04以降
HANDY-TALK for BHT-500シリーズ Ver.1.03以降
HANDY-TALK for BHT-600シリーズ Ver.1.00以降
HANDY-TALK for BHT-800シリーズ Ver.1.00以降

BHTの画面設計、入力制御の設定、データベースとのデータ処理は、設定ファイルに設定情報を登録するだけでOKです。しかも、GUIインターフェイスにより、画面から簡単に諸設定を入力することができます。