自動認識機器

無線BHT開発ツールEZWirelessII

ソフトウェア

無線BHT開発ツール

メールでお問い合わせ

デモ機のお貸出しはこちら

0120-585-271

受付時間:9:10~12:00/13:00~17:30(土日・祝をのぞく)

無線ハンディターミナルの運用業務(アプリケーションプログラム)がPCからの制御(Windows®エミュレーション)で可能

製品名 希望小売価格
EZ-WirelessII オープン

1PCに対してサーバライセンスが1ライセンス必要です。さらに、使用するBHTの台数分のクライアントライセンスが必要です。

製品情報を印刷する

VB.NETでBHT側の開発可能

EZ-WirelessIIの開発は全てVB.NETで行うので開発コストの削減、開発効率を向上することができます。また、BHT側アプリケーションを運用サーバ等で一元管理するので効率よく、保守・メンテナンスを行うことが可能です。

VB.NETでBHT側の開発可能

無線通信の信頼性確保

EZ-WirelessIIは、無線通信のエミュレータが自動的に接続、再送、回復などを行うので、無線通信プログラムの構築が不要。業務アプリケーションの開発に注力できます。

運用・監視機能の充実

BHTの無線接続状況など、運用・監視機能も充実しています。

キーワードの説明

  • アプリ
    VB.NET等でEZ-WirelessIIを利用し開発したアプリケーション。 BHT用に追加されたBHTForm、BHTText、BHTLabel等のコントロールを使用することができます。
  • BHTクライアント
    BHTクライアントとは、VB.NET等でEZ-WirelessIIを利用し開発したアプリケーションと通信を行い、サーバ上で実行しているWindows®をBHT上にエミュレートし、画面表示と入力を制御するBHT側のプログラムです。
  • ランチャ
    ランチャは、BHTからのアプリ起動要求を監視し、起動要求に対し設定ツールで関連付けされたアプリケーションの起動を行い、BHTに対して起動回答を行 う。既に起動されている場合は、起動済回答を行うサーバ側のWindows®サービスによるアプリケーションツールです。
  • モニター
    モニタは、BHTの動作状況を監視するアプリケーションです。 画面モニタ、動作時刻表示、ログ管理機能などがあります。
  • 設定ツール
    設定ツールは、BHTで実行するアプリケーションの定義、BHTと通信するポート番号の設定ををするサーバ側アプリケーションツールです。