自動認識機器

開発ツールBHT-BASIC4.0開発パック

ソフトウェア

BHT開発ツール

メールでお問い合わせ

デモ機のお貸出しはこちら

0120-585-271

受付時間:9:10~12:00/13:00~17:30(土日・祝をのぞく)

BHT用のアプリケーション開発に必要なソフトをまとめたパッケージ

製品名導入手順希望小売価格
BHT-BASIC4.0 開発パック 導入ガイド ¥100,000

1PCに対して1ライセンス必要です。本製品1本で1ライセンスです。

BHT-BASIC4.0開発パックの他、ハンディターミナルの開発/運用に必要な全てのソフトを共通のライセンスにてご利用頂けるお得なプレミアムパックをご用意しています。詳しくはコチラ

製品情報を印刷する

開発に必要なソフトウェアツール

BHTシリーズのアプリケーション開発に必要なソフトウェアツールがすべて納められたパッケージです。このパッケージは以下のソフトウェア、付属品が含まれており、すぐに開発がスタートできます。

従来のBHT-BASIC3.6での開発も可能になっています。

  • BHT-BASIC 4.0 コンパイラ(BHT-BASIC3.6を含む)
  • BHT-BASIC 4.0 リモートデバッガ(BHT-BASIC3.6もデバッグ可能)(1)
  • BHT-BASIC 4.0 転送ユーティリティ(BHT-Irプロトコル含む)

*「BHT-BASIC4.0シミュレータ」を使用する場合は、別途QBdirectからダウンロードしてください。

開発が容易なプログラム言語

BHT-BASICは、マイクロソフト社のMS-BASICを基本に、ハンディターミナルで使いやすいBASIC言語です。バーコードリーダ特有の機能も命令一つで実現します。(バーコード読み取り、データ送受信などの専用の命令・関数を用意)

また、BHT-BASICの動作環境はインタプリタですので、プログラムミスによる暴走やメモリ破壊はなく、安定して動作します。

大幅な機能拡張

従来のBHT-BASIC3.6のプログラム基本要素(プログラムサイズ、データファイルサイズや変数・ラベル長など)を拡張し、プログラム開発の自由度が飛躍的に向上しました。(2)

高い互換性

BHT-BASIC3.xで作成されたソースプログラムは変更することなく(3)BHT-BASIC4.0コンパイラでコンパイルする事が可能です。

  1. BHT-7000/BHT-7500/BHT-8000/BHT-100各シリーズは、従来のBHT-BASIC3.6の基本要素となります。
  2. 通信速度等ハードウェアに依存する項目は修正が必要です。