デンソーウェーブ、BHT端末を管理するシステム「BHT DMS-Standard」を11月14日から発売開始~ 紛失時に、パスワードロックや端末内データを消去する機能を搭載 ~

[ 2017.11.14 ]

デンソーウェーブ、BHT端末を管理するシステム「BHT DMS-Standard」を11月14日から発売開始
~ 紛失時に、パスワードロックや端末内データを消去する機能※1を搭載 ~


株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:中川弘靖)は、このたび、デンソーウェーブ製ハンディーターミナル(BHT)用の端末管理システム「BHT DMS(Device Management System) -Standard」を11月14日から発売します。


BHT DMS」は、IT管理者が当社製ハンディーターミナルBHTシリーズ※2の端末稼働状態の確認やアプリケーションの更新など、運用をリモートでサポートできる端末管理システムです。 すでに、2017年9月に「BHT DMS-Lite」の発売を行っており、より高度な管理を行いたいお客様向けに「BHT DMS-Standard」を発売します。


BHT DMS-Standard」に搭載する新機能としては、紛失時などに、端末へのアクセスを制限する機能(パスワードロック)や、端末の情報を遠隔で消去する機能(リモートワイプ)をIT管理者が任意に行える※1セキュリティー機能をデンソーウェーブとして初めて付与しました。さらに、店舗毎にBHTをグループ化して管理することができるようになるなど、「BHT DMS-Lite」と比べ、より高度な管理ができるようになります。
また、アプリケーションの配布やインストールをスケジュール予約をして実行する機能も、「BHT DMS-Lite」同様に搭載しています。

近年、AndroidTM OSを搭載したスマートデバイスを発売するなど、従来からのハンディーターミナル専用機能に加え、電話やメールの他、様々なアプリを活用した業務シーンが広がりを見せています。こういった背景の中、ハンディーターミナルで取り扱う情報も高度化され、より高いセキュリティー運用ができるシステムが求められてきました。このニーズに応え、さらにIT管理者が容易に管理ができるシステムとして、端末管理システム「BHT DMS-Standard」を開発しました。


BHT DMS-Standard」は、BHT-1600、BHT-1400、BHT-1300、BHT-1200の4シリーズ※2のBHTに対応しています。今後発売を予定しているBHT-1700, BHT-1800にも対応する予定です。

参考資料:製品情報詳細

■ 製品概要

  • 製品名 : BHT DMS(Device Management System)
  • 価 格 : Lite(オープン価格)、Standard(オープン価格)

■ 機能一覧

機能概要説明BHT DMS
LiteStandard
端末情報取得 装置番号、IPアドレス、バッテリー残量などの設定や状態を表示
接続状況取得 端末の無線LAN接続状態をアイコン表示
端末設定更新 Wi-Fi設定などの端末設定情報を変更
キッティング 管理ツールへ接続するための簡単設定(CSV一括登録可)
アプリ・OS Ver管理 アプリケーションやOSの配信と更新
グループ管理 店舗ごとの個別設定(セキュリティー設定、アプリ配信など) -
コミュニケーション メッセージの送受信 -
リモート操作 3rdパーティーのRDP※3アプリに連携し実施
セキュリティ管理※1 パスワードロック -
端末のデータ消去 -
アラート バッテリー残量、メモリー使用量の警告 -
業務アプリ連携 業務アプリから受け取った情報を一覧表示
  1. LTE回線、またはWi-Fi環境下でのみ使用可能。
  2. 詳細対応機種はこちらを参照ください。
  3. RDP:リモート・デスクトップ・プロトコルの略で、BHTからリモートで管理PCにアクセスが可能になります。


WEBからのお問い合わせはこちら