リテールテックJAPAN2018『デンソーウェーブブース』へご来場いただき、ありがとうございました。

2018年3月6日~9日まで、東京ビッグサイトで開催された『リテールテックJAPAN2018』に出展いたしました。
今回のリテールテックJAPANでは、「Capture Smart Stores」をコンセプトとし、いま、小売・流通業界が抱えているお困りごとを解決するソリューションと、その先にある『スマートな店舗』をご提案いたしました。

当日の様子を動画でご紹介。各展示ゾーンについてもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

店舗まるごとRFID

入荷検品から棚卸、販売促進まで、RFタグ情報を活用した店舗運営を体感いただけます。

  • RFIDでかんたんスピーディな入出荷検品 荷積/荷下作業時にUR30を設置するだけで自動検品が可能。 概要資料(PDF)
  • RFIDで棚卸時間1/10 高出力ハンディターミナルならではの読み取りスピードと5mの長距離読み取りで、棚卸時間を大幅に短縮。 概要資料(PDF)
  • RFID狙い読みで、ラクラク在庫検索 バーコードの向きや梱包状態に左右されずに、RFIDスキャナをタグにかざすだけで瞬時に読み取り可能。 概要資料(PDF)
  • RFIDショッピングカートで商品レコメンド RFIDで、ショッピングカートに入れられた商品を読み取り。関連商品をレコメンドすることで、まとめ買いを促進。 概要資料(PDF)

スマートペイメント

QRコードや生体認証を活用した、キャッシュレス決済技術のご提案の他、
アララ(株)と開発に着手したセキュリティの高いQRコード決済サービスをご紹介します。

  • 電子マネー、クーポン、会員証等、多彩なサービスにこれ1台 RX100なら1台で、ICカードとQRコード®の読み取りが可能。多彩なサービス展開にあたり、煩雑になりがちなレジ周りをすっきり。 概要資料(PDF)
  • 独自QRコード®を活用したQRコード®決済システム デンソーウェーブの独自QRコードを活用し、専用のサーバ、スマホアプリと連携するセキュリティ性の高い決済サービス。 概要資料(PDF)
  • 手のひら静脈認証でかんたん決済 社内売店などで、静脈認証付きオートレジを利用することにより、スムーズな会計が可能。 概要資料(PDF)
  • 電子マネーやクレジットカードでどこでも決済 どこへでも持ち運んでPOSが行える。さらに電子マネー決済にも、クレジットカード決済にも対応しているので、決済方法を広げることが可能。 概要資料(PDF)

進化する
QRコードソリューション

デンソーウェーブが特許を保有する、QRコードを用いた「顔認証本人確認システム」の他、
新しく開発したQRコードの活用方法をご紹介します。

  • フレームQR®を読み込むだけでWi-Fiに瞬間接続 フレームQRをスキャンするだけで煩わしい設定なしでWi-Fi接続ができる。お店側は無料で導入でき、接続時間の設定や使用状況の把握など効果測定まで可能。 概要資料(PDF)
  • QRコード®を利用したオフライン顔認証システム 顔認証に必要な特徴点や情報をQRコード化。そのQRコードをハンディターミナルで読み取った後、認識する対象人物をハンディターミナルのカメラで撮影し、オフラインで顔認証を行います。 概要資料(PDF)
  • 顔認証用QRコード®を簡単セルフ登録 免許証などの顔写真から、顔認証に必要な特徴点や情報をQRコード化。 概要資料(PDF)
  • 顔認証用QRコード®で高セキュリティ入館管理 スマホ画面に表示させた顔認証用 QRコード入館証でスムーズな 入室が可能。 概要資料(PDF)
  • QRコード®の一括読み取りで、かんたん荷物検索 ECサイトの注文品受け渡し業務を大幅削減。 QRコードを一括で読み込むだけで、すぐに該当商品が探せます。 概要資料(PDF)

コラボレーションロボット

  • 人協働ロボット「COBOTTA」による自動顔認識・プレゼントアプリケーション 検出した顔の特徴から、喜びや驚きといった感情、性別を認識し、 今のあなたに合った香りのバスソルトをお渡しします。 > 製品ページ

Products

近日発売を予定しているAndroidTM搭載の新型ハンディターミナル2機種をはじめ、
デンソーウェーブ製品のラインナップをご紹介します。

  • BHT-1800

    BHT-1800

    5.0インチ大画面にフロントカメラ搭載のスマート端末。

    ステージ映像を見る

  • BHT-1700

    BHT-1700

    片手での操作性を追求したハードテンキー搭載モデル。

    ステージ映像を見る

  • BHT-1600 BHT-1600

    AndroidTM 6.0 搭載。堅牢性に優れた大画面スマート端末。

  • BHT-1306QWB-H BHT-1306QWB-H HACCPによる衛生管理に対応したハンディターミナル。
  • AT-30 AT-30 コードを確認しながらタッチ読み。だから誰でも確実・スピーディー。
  • HC76 HC76 操作性を追求したタッチ読みスキャナ。
  • SH1 SH1 いつでもどこでもクリーンに使える「 コンパクトスキャナ」。
  • FC1 FC1 パスポートをかざすだけで、文字データと画像データの一括読み取りを実現。
  • Q-revo® Q-revo® QRコードを活用した決済、生成、トレーサビリティなどのクラウドソリューション。

導入相談コーナー

当社SEによる製品の導入相談コーナーを設けております。
AndroidTM端末の導入による業務アプリの移行や開発についての不安や、 RFID、その他のデンソーウェーブ製品についてもお気軽にご相談ください。

プレゼンテーションステージ

デンソーウェーブブースにて、『Capture Smart Stores』をテーマにしたコンセプトステージと、 近日発売予定の新型ハンディターミナル『BHT-1700』『BHT-1800』のプロダクトステージを行いました。

展示会概要

会期 2018年3月6日(火)〜2018年3月9日(金)
10:00 〜 17:00 (最終日のみ16:30終了)
会場東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
デンソーウェーブ ブース東2ホール RT1329
公式サイトhttps://messe.nikkei.co.jp/rt/
入場料1,000円(事前登録者・招待券持参者は無料)
事前登録はこちら
ブース案内図